2015年12月6日日曜日

シーズン5ウィンターフィナーレ(11話)感想走り書き


※『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン5第12話のネタバレあり


今回は、あまりにあまりな展開だったので、あらすじとかナシで今の気持ちをとりあえずダラダラ吐かせて頂きます。本編をご覧になっていない方には意味がわからないかもしれませんので、あしからずご了承ください。







一言で言うと…





ガックリきました(-_-;


正直、嫌気がさしたほど。


ランプルのしたことに対して、です。


今までどんなことがあっても「ランプルは本当はいい人のはず」だという一縷の望みが捨て切れず、「ああやっぱり」と毎回ほっとしてきましたけど…


今回ばかりは、ほんとにガッカリ。失望です。てかムカつきました。


しかも、どうしてああなっちゃったのか、意味が分からない。


あそこでダークワンになる必要あったあ?!?!?!


ないでしょ!


ダークワンだった時代に「今持っているパワー」を手放せなかったのはわかるけど(闇があったわけだから)、自分の中から闇が取り払われてまっさらになった状態の彼が、みんなをあざむいてこっそりダークワンの力を取り戻すことにこだわった意味がわからない。


もしかして、ベルを永遠に失ったという失望からなのかな?
という気もしないでもないけれど。


でも、そのあとベルが戻って来たときも本当のことを言わなかったし。
まあ言えないでしょうけど。


ベルが戻って来たときは心から嬉しかったのに、そのあとで「実はぼくダークワン」なんて展開じゃ、怒りたくもなりますわ。



ゼリーナはオズに飛ばされ(レギュラーになったはずなのに、もう出番ないのかしら?)、フックとエマから闇が取り去られ、ランプルがヒーロー(と言えるほどの活躍はしてないけど)のままだと悪役がいなくなってしまい、話がつまらない(というかそこで終わっちゃう)から、無理やりあの展開にしたとしか思えない(-_-;

確かに「単なるいい人」になったランプルじゃドラマが成り立たないんでしょうけどね。


しょせんTVドラマなんてそんなもの、とあきらめてしまうこともできるけど、私はなんだか心底がっかりしてしまって、一瞬、今後のワンスを観る気が失せかけました(-_-;


観るけども。


あーーーあ、今まで一生懸命(?)応援してきた意味がわからなくなってきました。

がっかりです(くどい)。



…さんざんガッカリと言いつつも、次回のプロモをチェックしてしまったので、それについても書きます。


4 件のコメント:

  1. あああ、やっぱり…気になりすぎて、ランプルに関しては、一応ネタバレ調べちゃうんですよ。ガッカリ通り越して怒りが…!いや、もう今まで散々庇ってきたけど、こればっかりは庇いきれない!(ところでダガーとエクスカリバーが一つになったはずだから、魔法だけじゃなくて戦闘力レベルアップ!なんでしょうか?)
    スタッフの諸事情もあるでしょうけど、もうストーリー展開破綻してますね。辛うじてS4までは我慢出来たけど、もうS5は盛り上がらないし、他のキャラもイマイチ思い通りに動いてくれないし、それでも何とか耐えてきたのは、魔力も無い状態からランプルがどう、立ち直ってくれるかしら?という期待だけですよ。(勿論他のキャラも大好きですし!)
    見事に裏切られた!…まあ、でも破滅に向かうのも、カーライルさんのキャラらしいなあ、とは思うんですけど。スタッフはあくまでもヴィランなランプルに思い入れがあるんだろうな、と。悔しいけど。
    でもカーライルさん個人は『Happyendって、偶然そうなるものじゃなくて、獲得する物だと思う』って発言なさってますから、努力の方向性間違ってるだけなのかな、と今までは思ってたんですよね…。

    だったら、せめて一人で不幸になってろ!と…ベルが不憫過ぎて。
    今までは「野獣」が呪われた王子様じゃなくて、魔王のオジサマなんて、素敵!と思ってたんですが~、流石に納得出来なくなります。
    改善の余地も無いんだったら、こんな「美女と野獣」はイヤです。

    返信削除
    返信
    1. エデさん、エデさんもガッカリされちゃいましたか…
      エデさんだけはランプルをかばい通すかと思いました(笑)。

      てか、それでもやっぱりキライにはなれなくないですか?(^-^;

      少なくとも、私はやっぱりランプルをキライにはなりきれないです。
      演じてるのが他の人だったら違うかもしれないけど…

      私は実はS4よりもS5前半のほうが好きでした。

      S4中盤の展開がキライだったけど、最後の最後にまたおもしろくなったので、S5も同様に中盤の展開はイヤだけど最後にはおもしろく…なってくれないかなあ、と、まだしつこく期待をしています!

      ベルは今のところホントに不憫ですが、このままだましきれるものではないだろうと信じています。

      また、アーサーのように魔法でベルの気持ちをいじろうとしないだけ、ランプルに善良さが残っていると希望を持っててもいいかなと…。

      そのへんはまた、詳しい感想を書く時に改めてまとめたいと思います。

      削除
  2. 嫌いにはなれない、どころか大好物です!(あれれ?)
    …ただ、この展開は、S5前半丸ごと無駄じゃないか!となってしまうので。(魔力を取り戻す位なら、いっそS4ラストで消さなきゃいいのに)

    私は、S4前半のダークワン全開なくせに外面いいランプルも好きでした。『最終的には、いつでも俺が勝つ!』(訳あってるかな?)とか、ボビーさんの素顔で言われるとうわあ~、と鳥肌立つ感覚です。(怖いけど不快じゃない、むしろ気持ちいい)吹っ切れた悪党なら、快感です。
    でも中身はやっぱりランプルですし、ベルが怒るのも当然だから、むしろ追い出されて清々したものです。後半の方が居たたまれなかった。
    ラストも自分で解決した訳じゃなくて、ただ魔法使いの弟子に魔力取られただけだから、「自分から変わろうとした」訳じゃないのが残念で。

    こんな展開を繰り返すんだったら、もう幸せなんか望まないから、悪党らしく死に花を咲かせてください、とつい毒を吐いてしまう複雑なfan心理です。でもベルが死なせない!と信じてるんですけどね。嗚呼…

    返信削除
    返信
    1. おぉ、やっぱりエデさんだ!(笑)
      よかった〜

      あれからまたいろいろ思うところが出てきたので、まとまるかわかりませんが感想記事にまとめてみたいと思います!^^

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。