2015年4月9日木曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3・第13話その1〜レジーナvs.ゼリーナ

Once Upon a Time S3E13
「Witch Hunt(NHKの邦題:消された1年)

2014年3月16日放送(アメリカ)

今回のタイトル絵は緑色の魔女

シーズン3・第12話〜1年前のおとぎの世界と1年後の現実世界からの続き。

以下、2014年5月9日にアメブロにアップした「Once upon a time・S3E13★ネタバレ感想★その1☆魔女の秘密」の文章をほぼ当時のまま、若干修正・編集・追記のうえ、画像を差し替え/追加しています。


***以下、ネタばれ全開のあらすじと感想***

※わかりやすくするため話の順序を変えています



1年前のおとぎの世界


前回、Evil Queen(悪い女王)つまりレジーナの城を乗っ取ったのは、もちろんWicked Witch(悪い魔女)でした。

レジーナのドレスに身を包んで悦に入る魔女は、自分の存在を女王に知らせろとモンキーに命令。

お城を前に野営しようとするスノウたちに、レジーナは「城の地下を通るトンネルを通り、城の内部に入ってシールドを下げて軍隊が入れるようにする」計画を提案します。

そのときロビン・フッドの幼い息子ローランドに襲いかかってきたフライングモンキーをレジーナが魔法でおさるのぬいぐるみに変えてしまうシーンが笑える。


この世界にもこういうぬいぐるみ存在するのかしら(´▽`;)



新しいおもちゃよ」とローランドに微笑みかけるレジーナ、すでに「悪い」女王には見えません^^


「あんな生き物はオズという世界にしか存在しないはず」と、本で読んだことのあるベルの発言に、「オズってほんとに存在するの?」とスノウが言うのがウケる(^∇^) そういうスノウの世界だって、私たちからすれば「実在するんですか?!」って突っ込みたいんですから(笑)。


「私たちの城に住んでるのは悪い魔女(The Wicked Witch)ってことね」と結論を出すレジーナに「東の魔女?西の魔女?」とグランピー。「そんなこと関係あるの?」とスノウが言うと「どっちかの上には家を落として、もうひとりのほうにはバケツで水をかけるんだ(*)」と物知り顔のグランピー(笑)。彼も読書好きなんでしょうか。

(*)『オズの魔法使い』では、東の魔女は竜巻に乗ってやってきた家に押しつぶされて死に、西の魔女は水をかけられて溶けてしまいます


さて、計画遂行のためひとりで城へ向かおうとするレジーナに、ロビンフッドはついていっていました。息子を救ってくれたレジーナを守りたいと言うロビンに、「泥棒に名誉があるとは知らなかったわ」とレジーナ。ロビンは「悪い女王が子どもに弱いとは知らなかった」と切り返します。

このふたり、なんかいい雰囲気です(*^-^*)





「中庭の火を消せばシールドは消える」と、レジーナとロビンは地下通路へ。死んだロビンの妻の話をしながら進むと地下室の入り口にいきあたります。

入り口のドアが開いているのを見て、「どうして開いてるの。ブラッド・マジック(血の魔法)で封印したんだもの、私しか開けられないはずよ」と驚くレジーナ。

血で封印した地下室というのは、コーラ(レジーナの母)の遺体安置所でした。
周りをぐるり、例の「えぐりだした心臓」用の引き出しもありますけど(´▽`;)


棺の右下に「CORA」と書かれています↑

それにしてもやすやすと入り込みましたね。魔女はお留守なんでしょか。

さて、自分の部屋?に入るとやおら「ねむりののろい」を作り始めるレジーナ。スノウにかけたのろいはマレフィセントからきたものだけど、自分でも作ることができるようになったと言うのです。

魔女にそののろいをかけるつもりなんだなと念を押すロビンに「魔女なんてどうでもいい。大丈夫、いなくなってもだれも気にしない人にかけるんだから」と、自分のヘアピンにのろいのポーションをひたします。

自分自身にかけるつもりなんだと察したロビンは必死で説得しようとします。ロビンも妻を失い絶望した経験があるけれど、彼には息子という「生きがい」が存在するところが自分とは違うと突っぱねるレジーナ。

「だからと言って新しい生きがいが見つからないとは限らない。だれにでもセカンドチャンスはあるんだ。目を開けて見ればいいだけだ」と言われて「It's too bad mine will be closed. 私の目は閉じることになるからダメね」と返すレジーナの心は決まっていました。

「心配しないで、言ったことは守るわ。ちゃんとシールドを下げてデイビッドとスノウが勝てるようにしてあげる。それから眠りにつくの」

と、ほんとに約束を守ってレジーナが中庭の火を消すと、シールドは下がり、ストーリーブルックの元住人たちで構成されたにわか部隊は城へ向かいます。


約束を果たしたレジーナはヘアピンを指にさそうとしますが、そこに現れた全身ミドリ色の魔女にヘアピンを奪われてしまいます。

以下、魔女とレジーナの会話をかいつまんで記します。

ハロウィン7みどり色の魔女ゼリーナ
キングレジーナ

------------------------

ハロウィン7「そんなにほしいなら城は返してあげるわよ。もう見たいものは全部見ちゃったし。クローゼット、庭、そして遺体安置所なんかね」
キング「遺体安置所と言えば、どうやって血の封印を破ったわけ?」
ハロウィン7「コーラはあなたに何も話さなかったのね」
キング「どうして母を知ってるの?」
ハロウィン7「あなたと同じようによ」


「私、あなたの姉なの」とニヤニヤ顔文字しながら爆弾発言

ハロウィン7「正確に言えば半分だけど」
キング「そんなことありえない。あなた・・・ミドリ色じゃない(You're... green)
ハロウィン7And you're rude. 失礼ね。それ以外にどうやって遺体安置所のドアを開けられたっていうの。私たちの母親は私を手放したけど、あなたを手元に置いてすべてを与えたわ」
キング「自分がほしかったものすべてを、よ。あなたの言うことが本当なら、あなたは幸運だわ」
ハロウィン7「母親なしで育ってみなさいよ。母親にも、私たちの人生両方に関わった唯一の男、ランプルスティルツキンにも認められずに」
キング「ランプルを知ってたのね。ああ、わかった。彼が自分ののろいをかけるために私を選んだから怒ってるんでしょ。そんなことくらい、さっさと水に流しなさいよ」
ハロウィン7「私はコーラもランプルもなしで一人前になったわ」
キング「彼らが立派になったあなたを見られないのは残念ね、ふたりとも死んじゃったから」
ハロウィン7「いいわ、あなたに生きててもらうだけで。あなたのすべてを奪うんだから」
キング「遅いわね。私はもうすべてを失ったわ」
ハロウィン7「あら、まだ何も失っちゃいないわ」
キング「じゃ、やっぱ、殺すの?」
ハロウィン7「そんなの簡単すぎるわ。私がほしいものを手に入れるためにはあなたに苦しんでもらわなきゃ。死よりひどい運命よ」
キング「やってみなさいよ。みどりちゃん(greenie)」
ハロウィン7「もちろん、やるわ。また会いましょう、妹ちゃん」
と、魔女らしくホウキに乗って飛び立つゼリーナ。ほうきにのって

------------------------

ロビンの待つ部屋に戻ると、「眠ってる場合じゃなかったわ。生きがいが必要だっただけ。破滅させたい相手(someone to destroy)が必要だったのよ」と言うレジーナは別人のように生き生き


やっぱ、「Evil」だから悪いことがしたいのかしら?!

シーズン3第13話その2へつづく

Posted on Thursday, January 21, 2016





ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3もくじ


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5もくじ


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。