2015年4月10日金曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3第17話その1〜黒ひげ登場

Once Upon a Time S3E17
「The Jolly Roger(NHKの邦題:キリアンの愛)

2014年4月13日放送(アメリカ)

今回のタイトル絵はおなじみデイビッドのトラック。

シーズン3第16話〜ゼリーナの過去からの続きです。

以下、2014年11月22日にアップしたアメブロ記事(Once upon a time・S3E17(1)★ネタバレあらすじ★(2))をほぼ当時の文章のまま、少し修正・編集・追記のうえ、画像を差し替え/追加してまとめます。

=====

今回、そういえばMr.ゴールドの出番がなかったな…。

***以下、ネタばれ全開のあらすじと感想***

※わかりやすくするため話の順序を変えている部分もあります



9ヶ月前のおとぎの世界



ジョリー・ロジャー(フックの海賊船)がないため、森の中で山賊活動をするフック一味。ストーリーブルックでMr.ゴールドにネズミにされた(シーズン2第11話)スミーも、のろいが解けて(?)人間に戻り、フックの仲間として今回は活躍(?)。

スミーたちはフックのために娼婦を雇いますが、フックは「楽しかったと明日あいつらに言ってくれ」とお金を渡し、去らせてしまいます。ここで「やった~!」と食らいついてたら心底ガッカリするところ(笑)。

そこへアリエルが現れ、短剣をフックの喉元につきつけて「あなたの誘拐したエリック王子を返しなさい」とすごみますが、「それはおれじゃないな」と逆に剣を奪われてしまいます。


「エリックの家来のひとりが脱出したから、エリックをさらったのはあなたの船(ジョリー・ロジャー)だってことはわかってるのよ」と言うアリエルに、今度はフックがビックリし、「ジョリーロジャーだと?それは確かか。その男からほかに何か聞いてるか」と、アリエルの喉元に剣を突きつけて脅します。

「武器庫にあったこの短剣を使って逃げたってことしか知らないわ」



短剣の柄をまじまじと見ると、フックは笑い出します。「BB」と刻印されているのを見て、ジョリーロジャーがだれのところにあるのかわかったのです。それは悪名高いBlack Beard(ブラック・ビアード=黒ひげ)でした。

さっそくフックが酒場のスミーのところに行くと、居眠りしてたスミーが「チーズの夢ばかり見る」とこぼすのがウケる。ネズミだったことが記憶の奥底にあるんでしょうか(笑)。

ジョリーロージャーを奪ったのは黒ひげだと聞いてふるえ上がり、船のことは忘れようと言うスミー。


フックは「ジョリーロジャーはただの船じゃない。こっちに戻って以来、自分が自分じゃないような気がしていたのは『彼女』がいないからだったんだ。女は取り替えがきくが、海賊人生は永遠なんだぞ(←つまり船が必要ってこと?)」と息巻きます。

それでも尻込みするスミーとは裏腹に、かよわい女の子(だと思ってた)アリエルが「それで、出発はいつ?」と、いっしょに行く気マンマンなのはちょっとおもしろい。


ワンス・アポン・ア・タイムって、かわいい女の子キャラをアクションスター風に仕立てるのが好きですね(ベルしかり、白雪姫しかり)。

***

道中、アリエルに「ネバーランドでスノウの家族を助けた話を聞いて、あなたのことをヒーローだと言う人もいるわ」と言われて急に不機嫌になるフック。

「おれは変わっちゃいない。おれは海賊だし、これからもずっとだ」って…


ヒーロー呼ばわりされるのがイヤなんですね…。


とうとうジョリー・ロジャーを見つけ、黒ひげに戦いを挑むフック。
黒ひげのほうがフックっぽい扮装してるかも(笑)

床の割れ目に足を取られた黒ひげにトドメを刺そうとするフックですが、ふたりが戦っているあいだに船を捜索したアリエルに「エリック、この船にはいないの。殺さないで居場所を吐かせて」と止められます。

あっ、エリックのマントを着てるアリエルの首には例のアーシュラの留め金が!これを見てたからフックは留め金に見覚えがあったんですね。

「やっぱりウワサは正しかった。おまえも甘くなったもんだな。王子はおれしか場所を知らない無人島にいる。いずれ身代金を要求するつもりだったが、フック船長が海賊ではなくなったことを知る満足感が得られれば十分だ。ジョリー・ロジャーをおれに引き渡せば王子の居場所を教えてやるが、断れば王子もおれといっしょに死ぬ。どちらか選べ」とほくそ笑む黒ひげ。

なんで海賊であることがそんなに大事なのか…よくわからん…


9ヶ月後のストーリーブルック


ゼリーナとレジーナの一騎打ち(こちら)から一夜明け、レジーナは新しいプロテクション・スペルを調合することに成功。「ここにいる限り安全だわ」とにっこりしますが、エマは「そんなんじゃ意味ない。こちらから攻撃しなきゃ。魔法のコントロール法さえ教えてもらえれば、力を合わせて戦える」とやる気マンマンです。

家具の組み立てをしてたせいかいつもと違う服装ですが、こういうのもかわいい^^

レジーナとの魔法レッスンのあいだ、フックにヘンリーを預けに行くエマ。ゼリーナを倒したらヘンリーのため、ニューヨークに帰ると話します。しかし、フックは「ここで起こったことをなかったことにはできない。自分も『かつての自分』に戻ろうとしたけど、うまくいかなかった。昔の生活に戻ることはできないんだ」と説得。

***

ヘンリーをフックに預けたと聞いてレジーナは「フック?暴力的で衝動的で手がフック(鉤)なのに?」と顔をしかめます(手がフックなのは本人のせいじゃないと思うんだけど、そこを引き合いに出すのが笑える)

エマが「あたしは信頼してるの。そんなことしなくてもよかったのにあたしをストーリーブルックに連れて来てくれたから」とフックを擁護すると、フックがエマのことを好きだからに決まってる、みたいなことをほのめかすレジーナ。このへんのやりとり、なんかガールズトークっぽい(笑)

さて、魔法レッスンのためレジーナはエマを森の中の吊り橋に連れ出し、少々荒っぽい方法でエマの力を引き出そうとします。


「くずれていく吊り橋を止めるか、死ぬかよ。あなたならできるはず!」とレジーナは励ましますが、橋が完全にくずれ、エマがあっけなく落ちて行くのを見て、レジーナも一瞬、「あらら、ヤバいかも」みたいな表情(^^;

が、次の瞬間、くずれた橋の残骸に乗っかったエマが浮上。

「これあたしがやったの?」と疑うエマに「こんなに優れた潜在能力があるのに今まで無駄にしてたのね」とレジーナは怒ります(笑)。

~~~◇~~~

一方、エマから「12才の子にとっては(2人は)つまらないから」と子守りを断られてしまい、ぶつぶつ言いながら(笑)海辺を散策するメアリーマーガレットとデイビッド。

あいあい傘で歩く姿がかわいらしい(*´▽`*)

人が群がっているので見に行くと、そこには浜に打ち上げられたらしいアリエルが!



過去1年の記憶がない状態でストーリーブルックで目覚めたときエリックがいなくなっていたため、いろんな世界を探しまわっていたのだと言います。

「フックにはこの1年の記憶があるんだから何か知っているかも」と思いついたチャーミング夫妻は、グラニーの店でヘンリーの子守り中のフックにアリエルを引き合わせます。

アリエルを見て複雑な表情のフック。

フックは「エリックなんて知らない」とかわします(おや?)が、「Mr.ゴールドの店に行けば何かエリックのものが見つかるかもしれない。そしたらロケーター・スペルを使って探すことができる」と思いついたチャーミング夫妻に「いっしょに行ってあげて」と頼まれてしまいます。

フックはデイビッドをすみに呼んで「見つからないってことは死んでるってことだろう」とささやきますが、「希望を失わず信じることが信条のデイビッドは聞く耳を持ちません。ヘンリーの子守りはぼくたちがするから、と押し切られ、あきらめ顔のフックはアリエルに同行するハメに。ノーと言えない男だったのね。

~~~◇~~~

フックに代わりヘンリーの子守りをするデイビッドは、自分のトラックの運転席にヘンリーを乗せ、運転を教えようとしますが…(このトラックがタイトル絵になった車ですね)


メアリーマーガレットの心配は的中し、みごと郵便ポストに突っ込んでしまいます(´▽`;)
(アメリカのポストは青いのです。ちなみに撮影地であるカナダのポストは日本と同じく赤いので、劇中のポストは小道具ってことですね☆)


シーズン3第17話その2に続く。

Posted on Saturday, February 6, 2016





ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3もくじ


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5もくじ

2 件のコメント:

  1. ベビーベッドとか、海岸散歩とか食事シーンとかちょっと日常描写多めでしたね?息抜きも大事ですけど、前回レジーナがゼリーナにこてんぱんにやっつけられたのにそんなんで大丈夫?と心配になりました。

    レジーナのエマ特訓は面白かったです。さりげなく「ランプルはスパルタだったわよ、生きるか死ぬか」みたいな台詞で、やっぱり前回はゼリーナにわざと見せ付けてたんだな、とか解って興味深いです。

    戦士姿のアリエル素敵。海が生きがい同士で、てっきりフックと上手くいくのかな?と期待したんですが…お互い本命がいましたね。嗚呼。

    返信削除
    返信
    1. エデさん、そうそう、やけに平和だな〜と違和感ありました(´▽`;)
      そんなことやってる場合?みたいな。
      まあ、ちょっぴり息がつけたのはよかったかな。

      アリエル、そういえばお互いに海が生きる場所みたいなものですよね。気づきませんでした。

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。