2015年4月9日木曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3・第10話〜ストーリーブルックへの帰還

Once Upon a Time S3E10
「The New Neverland(NHKの邦題:新たなネバーランド)

2013年12月8日放送(アメリカ)

メデューサ

シーズン3・第9話その2〜ヘンリーを救え!からの続きです。

以下、アメブロ記事→ Once upon a time・S3E10★ネタバレ感想★その1(2014年3月9日投稿)、その2(同年3月10日投稿)←当時の文章を整理・編集のうえ、画像を差し替え・追加してアップ。


***以下、ネタばれ全開のあらすじと感想***

※わかりやすくするため話の順序を変えています




過去の魔法の森


スノウと王子の結婚式にレジーナ(悪い女王)が現れたあと、さっそく夫婦ゲンカするふたり。


「ハネムーンに行こう。どこでもいいよ」と王子。「レジーナにはぼくたちの幸せを邪魔することはできないよ」


 そこで「夏の宮殿に行きたい」と言い出すスノウ。



<どうでもいい話ですが、シーズン1の頃とふたりとも髪型がちがーう!>

シーズン1
シーズン3


シーズン1
シーズン3

写真では分かりづらいけど、明らかにスノウの髪は短く、チャーミングの髪は長くなってます(笑)。両方とも同じ日(結婚式の日)のはずなんだけど…ヘアメイクさんが違う人なのかな〜?(^-^;



話がそれましたが(笑)、スノウが「夏の宮殿に行きたい」と言ったのは、じつは思惑あってのこと。夏の宮殿の近くのほら穴に住むというメデューサの首を取りに行きたかったのです。

スノウの勇ましい姿、かっこよくて好き!^^

こっそり行動しようとしていたのをチャーミングにあっさり見破られ、しかたなく「ひと目でも見れば石になる、というメデューサの首をレジーナに見せたいの」と打ち明けるスノウ(ほんとに「白雪姫」なのぉ?言うこと怖っっっ(^▽^;)に、チャーミングも協力することにします。

メデューサを見つけたはいいが、首を切り落とすことはできず、逆に石になってしまうチャーミング。しかし、盾を鏡代わりにする作戦が成功し、メデューサは盾に映った自分の姿を見た瞬間、石になってしまいます(そのスピードがすごい)。

メデューサ怖すぎる…(^^;

チャーミングもぶじ、元通りに(*´▽`*)

レジーナを倒すことに夢中になったあまり、かけがえのないチャーミングを失いそうになったことの愚かさに気付いたスノウ。失う前に気付いてよかった!

(このとき流れるスノウとチャーミングのテーマソングみたいな曲が大好き!)

「子どもがほしかったからレジーナを倒したかったの。でも間違ってた。レジーナだけじゃなくて別の問題がいつも起こって来るわ。悪いこと(bad moments)にとらわれてちゃいけないってわかったの。いいことを見つけなきゃね。だから今、子どもを作りましょう。子どもほど素晴らしいものはないでしょ。」とスノウ。

チャーミングはにっこり、すてきにロマンチックなキスをして、スノウもうっとり(*^-^*)


キュート(*´▽`*)


ストーリーブルック


ストーリーブルックのシーンはアリエルと猟師になってる?エリックの再会から始まります。

現代バージョンのほうがずっとハンサムなエリック


 ふたりが見上げると、そこには空から現れたジョリー・ロジャー号が。

ネバーランドに行っていた一行はジョリー・ロジャーに乗ってぶじストーリーブルックに戻り、村人たちと感動の再会を果たします。

 
    中身がパンなので目が喜んでないヘンリー

ベルとの再会を喜ぶランプルのところに、ニールが杖を持ってきます。


「これ、必要かと思って」

「ありがとう。自分がかつてどんな男だったのか、そして二度とあの頃の自分に戻らないことを思い出すためのリマインダーとして取っておくよ」

村人たちに混じってウェンディの帰りを待っていた弟たちは、喜びの再会を果たしたウェンディに「うちに帰る時が来た」と言います。(はて、どこに帰るんだろう??今となっては、もう両親もいないよね?(´▽`;)


 ダーリン三兄弟にニールも混じって↑ハグ

また、自分が疑われないよう、フィリックスを捕まえさせるヘンリー(中身ピーターパン)。悪知恵の働くヤツだ(-_-; てかそもそも、なんで反抗的かつパン派のフィリックスまで連れてきちゃったのかな?(´▽`;) 

それにしても、このヘンリー役の子役クン、最初はほんっとにおちびのかわいい「子ども」でしたが、今や大きくなっちゃって、演技もなかなかのもの。「本来のヘンリー」と「中身ピーターパン状態のヘンリー」をうまく演じ分けてます


一方、ランプルはパンドラの箱に入った「ピーターパン(実はヘンリー)」を自分の店の床下の穴に入れて魔法をかけます。

私が生きている限り、この少年は日の光を見ることはない」と保証しますが、、

それ、ヘンリーなのにぃぃぃ(/TДT)/キャー!

***

ふたりきりになって将来について話し合うベルとMr.ゴールドは、「いろんな選択肢があるけど、きみといっしょの道しか考えてない」とキス 

***

ところ変わってグラニーのお店では、ヘンリーに例の絵本を渡してもあまり興味を示さないヘンリーにエマは違和感を持ちます。

そう!そう!さすが母親!それ、ヘンリーじゃないから!!!

同時にグラニーのお店でお酒を飲むフックはニールに「エマからは手を引く」と告げます。驚きつつも感謝するニールに「感謝するのはまだ早い。エマがきみを受け入れるかどうかわからないだろ」って・・それじゃなんで「手を引く」なんて言うのかな?あきらめてないじゃん(笑)。

グラニーのお店にみんな勢ぞろいしてお祝いしてるんでしょう。修道院長もグランピーと談笑していると、そこに今や仲良し?のティンクとレジーナが現れます。


「また会う日が来るとは思わなかった」と驚く修道院長に「ティンクは私たちを助けてくれたの。翼を返してやって」とレジーナは言いますが、「あなたから命令を受ける筋合いはないわ」と突っぱねます。「自分を信じていないあなたを、私も信じることはできないでしょう」と言って去る彼女、ちょっと厳しい…?


また、ニールはエマにデートのお誘い。「明日のお昼にぼくはここに来る。もしきみが現れなかったら、もうきみの邪魔はしないよ」

てかニールも、ついこないだまで婚約してたタマラはもういいのかな。すっかり「なかったことに」なってますね(笑)。


さて、夜も更けてヘンリーの寝る時間、というときになって、ヘンリーはレジーナのところに泊まると言い出します。


このときも何かおかしい、と違和感を感じるエマ。


レジーナの家に帰ったヘンリーは「ママの倉庫(?適切な日本語がわからないけど、心臓コレクションのある場所のこと)って持ってきてる?魔法もいっしょに?パンから身を守るために魔法がほしいんだ」と言い出します。

「魔法が答えじゃないわ。倉庫は危険だから封印してるの。私が守ってあげるから大丈夫よ」と寝かしつけるレジーナ。

しかしレジーナが出て行ったとたんに起き上がり、「彼女は間違ってる。魔法が答えなんだよ。時が来た」とほくそ笑むヘンリー。するとそれを合図にか、ジョリーロジャー号の帆にはり付いていたシャドウが身をはがして町の中へ飛んでいきます。。。





翌日、グラニーの店で食事をするデイビッドとスノウのところへランプルが「ドリームシェイドの毒消し」を持ってきます。「なんの代価もナシ」に。「今は家族なんだから」と言う彼、いよいよ本当に「いい人」になったんでしょうか^^

毒消しを飲んで「子どもを作ろう」とニンマリ(^^;するデイビッドですが、メアリーマーガレットは浮かない。


ニールがひとりでエマを待っている姿を見て、エマが現れなかったことを悟ったからです。

「ぼくにまかせろ」とデイビッドは店を出て、海辺でたそがれるエマを見つけて説得。「グラニーの店まで乗せて行くよ」と腕を差し出し、仲良く腕を組んで歩き出すシーンはほっこり^^


(しょうもないローカルネタですが、この↑場所からグラニーの店まで、ゆっくり歩いても15分くらいなんですねぇ…)

***

一方、シャドウは修道院長を襲い、影をひっぺがして殺してしまいます。修道院長の悲鳴を聞いて駆けつけたエマは「シャドウはパンの命令しか聞かない」と神妙な面持ち。


ヘンリーは自分の部屋でダミアンのようにニヤリ( ̄∇ ̄)←コワぃ

なんのために修道院長を襲わせたのかなと思ったら、「パンがぼくを襲う可能性がある」と思わせたかったんですね。このままじゃ危ない、「ぼくを守って」とレジーナにしがみつくヘンリー。

エマが「ヘンリーから目を離さないで。なんかおかしい」と忠告したものの、ヘンリーが自分を頼ってくれることが嬉しいためか、レジーナは耳を貸さず、パンの思惑どおり心臓コレクションのあるところに連れて行きます。

パンが「絶対に入って来られない」はずの場所にパン自身を入れてしまったことに気付かないレジーナは、ヘンリー(パン)に薬をかがされ、眠らされてしまいます。

***

一方、エマたちはランプルのもとへ急ぎます。「今日はもう閉店だよ」と言うランプルに、「パンドラの箱を渡して」と要求するエマ。パンがパンドラの箱の中からシャドウを操っていると思ったようです。

そこでパンドラの箱を町境に持って行き、魔法が使えない境界線の外側で箱をあけます。そこから出てきたピーターパンは、もちろん実際はヘンリー。



銃を構えているエマに「ママ?撃たないで、ぼくヘンリーだよ!」と懇願します。

どうでもいいことが気になるんだけど、パンはイギリスなまり、ヘンリーはアメリカなまりの英語を話すのに、入れ替わってもそれぞれイギリス&アメリカ英語のままってのはどういうことでしょ?ヘンリー(中身パン)はヘンリーのフリしてるからいいとしても、パン(中身ヘンリー)がイギリスなまりっておかしいよねぇ(´▽`;) 中身ヘンリーのパンがアメリカなまりで話したらおもしろかったのに(笑)。←2015年、パン役のロビー・ケイが『Heroes Reborn』で実際にアメリカなまりで話してるからある意味、夢?がかなった(*´▽`*)


ヘンリーとパンが入れ替わっているという話を信じた一同はレジーナの心臓コレクションの場所へ。


またしても余談ですが、このときのスノウのおなか↑完全にぽこんと出ちゃってます。「まだドラマに出てて大丈夫?」と勝手に心配してしまいました(´▽`;)


ランプルは倒れているレジーナを起こし、パンが何を取りにきたのか知って愕然とします。なんと、レジーナが30年近く前に魔法の森の住人にかけた、あの恐ろしい「のろい」がパンの手に…。



魔法の森の住人がみんなストーリーブルックにいる今、こののろいをかけたらどうなるのか。

ヘンリー(パン)は脱獄させたフィリックスに語ります。

「みんな自分のことを忘れて、時間が止まり、ぼくらがここを支配するんだ。それが終わったら、ここが新しいネバーランド(New Neverland)になる」(ニヤリ)

このヘンリー(パン)とフィリックスの不気味な笑みで、このエピソードは終わり(´▽`;)




シーズン3・第11話その1に続く

Posted on Thursday, December 3, 2015

<各シーズンもくじ>
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3もくじ

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5もくじ

2 件のコメント:

  1. ストーリーブルックに帰った途端、活躍始める忙しいゴールドさん(笑)
    ネバーランドで思いっきり魔法使えなかったからか、何だかいきいきしてますねえ。ベルもニールも居るし、リア充満喫ですか?やっぱりスーツの方が素敵。
    今回心に染みたのは、船着場で居心地悪そうなレジーナに声を掛けるメアリー、少しホッとしました。過去編のスノウ&王子は犬も喰わない喧嘩で、観てて恥ずかしいんですけど、現代は問題解決して、良かったわね、とほっこり。(いや、でも散々王子には、恋愛相談乗ってもらってるんだから借りの方が多いだろランプルさん…)外見ピーターがエマとハグ、とか素直に謝るゴールドとかデヴィッドの『僕がフックに惚れたとか?』発言とか色々面白い小ネタ満載ですね。何気にフェリックス&ヘンリー(中味ピーター)とかの小芝居が面白いです。海外の子役、凄い。

    返信削除
    返信
    1. スーツ姿のほうが素敵ですよね〜、ランプル(ゴールド)さん。

      海外の子役、ほんとすごいと思います。
      ピーター役、ヘンリー役の子たちも上手だけど、ほかにもうなるほど上手なちっちゃい子がたくさん。日本では子役というとホントに限られちゃいますもんね。

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。