2015年4月19日日曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4・19話のネタバレ走り書き

*FC2ブログにアップしたときの日時で投稿してますが、コメントがどうやらインポートしたときの日時になってしまうようです。あしからずご了承ください*

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4・18話のネタバレメモからの続き。


わあああ、ゆうべの『ワンス・アポン・ア・タイム』新エピソード(Sympathy for the De Vil)もぶっ飛んじゃってて、メモせずにおれません(´▽`;)

クルエラと「Author(著者、作者)」の過去が明かされますが、それは置いといて(笑)、最も心にグッと来たシーンについて、メモ。

*「ご注意&お願い」にも書いてますが、このブログは基本ネタバレありなのであらかじめご了承ください。




ベルが井戸でランプルを呼び出し、再会するふたり。

「なにが目的でストーリーブルックにいるのか」と問われて、ランプルは自ら心臓をえぐり出し、真っ黒になりかけているのを見せます。

「このままではいずれ、『愛する』ことはできなくなり、なけなしの善良さも失ってしまう。元に戻せるのはAuthorだけだ。だからストーリーブルックにいるんだ。きみに理解してもらえるとは思っていないけど」

そう告白すると、「でも、理解できるわ」とベル。

そのときのランプルの顔が…

(;_;)

ううう、せつない。

まったく予期していなかったベルのやさしい言葉に驚き、戸惑いながらも喜びが隠せない感じ。


「ときどき、欠けたティーカップを捨てるのは早すぎたかもって心配になるの。Sometimes I worry I threw out the chipped teacup too soon.」

と、ベルもウルウルです(;_;)


↑ツイッターでこんなの見つけたので追記しました(4/21)


感きわまり涙ぐむランプル(;_;)の表情が切なさ世界一!!!


ふたりはひしと抱き合い、キスします。


あああ、まさかこんなに早く、仲直りする姿が見られるなんて!(*´▽`*)

…でも、うまくいきすぎて怖い…

と思ったら、やっぱり…


次の瞬間、ベルが吐いたセリフは背中が凍りつきそうな冷たいものでした。


「でも問題は、ウィルのほうがあなたよりずっとキスが上手なことね」


…Σ(゚∇゚*)!! えーーーーっ!!!


耳を疑うランプルが「なんだって?」と顔をしかめると


「あなた、みじめったらしいのよ」


∑( ̄□ ̄;)


そのあとも追い討ちをかけるように次から次へと非情すぎるセリフ。
とてもベルの口から出たとは思えない!!!
(ひどすぎてここには書けません!(;_;))


「なんでそんなこと言うんだ?きみらしくないぞ」

とランプルが言うと、


「でもすっごく私らしいでしょ」

と、ベルの心臓を手に、ベルを操っていたレジーナが現れます。


ぜんぶレジーナが言わせていたことなのかどうかはナゾ。

「欠けたティーカップ」のところまではベル本人のセリフだと思いたい!

まさかキスまでレジーナが操っていたとは思いたくないなあ(´▽`;)


それにしても今考えると、ベルにお願いして心臓をえぐらせてもらったのか、それともベルの不意を突いたのか、わかりません(´▽`;)

後者じゃないといいけど(^-^;



「メモ」と言いつつ長くなりました。

ラスト、とうとう「救い主をダークにする」ミッション?が達成されてしまいますが、クルエラを突き落とす前からここしばらくエマの表情がダークそのものだったのが気になっています(´▽`;)

早く生き生きとしたエマに戻ってほしいーーー。

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン4・20話のネタバレ感想メモに続く


14 件のコメント:

  1. いつも本当に楽しみにしてます
    ランプルがお気に入りでいろいろ情報をさがしているうちにこちらに辿りつきました。チョココさま、こんなに早く記事をアップしていただきありがとうございます。
    このところランプルさんがフラットラインになったりと、こちらの心臓が掻き毟られるような展開が多くて目が離せないです。 ここまで痛めつけらるランプルさんがかわいそう過ぎると思いながら、カーライルさんのキュートな泣き顔を堪能してます。どうか最後には救われてほしいと願いつつ、こちらのブログで記事がアップされるのを心待ちにしております。 これからもどうかよろしくお願いいたします。

    返信削除
  2. 胸をえぐられるような
    …えええ(絶句)
    最初に動画見た時は、詳しい台詞とか解らなくて、ただ『レジーナ…!』って反応だったんですけど。(先週ちょっと見直したのに!ロビンも好きになったのに!!←今まで苦手でした)いつもながら、何故レジーナはランプルに手厳しいのか?貴女改心したはずじゃ…そんな態度じゃ、結局レジーナ自身もHappyendは逃すんじゃ?…まで考えて、ハタ!と気付きました!
    あのエグイ手段は、まさかゼリーナが化けてるかも?
    あの後彼女がどう動くか気になるし、そう考えた方が私がメインキャラ誰も嫌いにならないですむわ…と心をなだめています。本当にそうだったらいいのに!
    余り良くないんですけどね。小出しにグサグサ胸を突かれる様な演出多くて、もう、なんでここまで苛めるの!と涙出そうです…といいつつ、「ランプルの心臓、こしあんのイチゴ大福みたい」と思ったりしました。

    返信削除
  3. 連投失礼します!
    またしても肝心の言葉が足りなかったので。
    ベルじゃないですよ!レジーナがゼリーナだったかも、って事です!(撮影風景写真でラナさんとレベッカさんのツーショットあったし)

    返信削除
  4. Re: いつも本当に楽しみにしてます
    もちぇさん、はじめまして!コメントありがとうございます^^
    お返事が遅くなってごめんなさい。
    心に響いたことを「メモ」るだけの記事なら割とすぐ書けるんですが(´▽`;)詳しいあらすじを書こうと思うと、いちいち見直しながら書くので時間がかかり、なかなかまとまった時間が取れないんですよ〜(涙)。
    今後も、できるかぎり新エピソードの「メモ」を残していきたいなと思っております。
    ほんとにランプルの扱いがかわいそすぎて、最近見ていて気分が悪いほどです(´▽`;)
    てか全体的にどよよよ〜んとしてますよね…
    「キュートな泣き顔」って(笑)…たしかにグッときますけどね(笑)。
    とくに今回のエピソードは演技じゃないんじゃ?と思うほどリアルに切ない泣き顔を見せてくれました!
    最後はどうなるのか、ハラハラですね。
    ではでは、長くなりましたが、こうしてワンスファンの方とコメント交わせることが嬉しいです!
    こちらこそよろしくお願いします^^

    返信削除
  5. Re: 胸をえぐられるような
    きゃ〜、先週のロビンをすでに覚えておりません(汗)
    ヤバいですね…これで私が詳しいあらすじ記事を書かずにおれない理由がおわかりかと思います(´▽`;)
    アルツじゃないかしら、まじで。
    いやいや、ゼリーナに化けてはいないでしょう…ゼリーナとの対決のための行動だったんですから。
    結局レジーナって、自分の幸せがとってもだいじな人だから…そのためにはランプルを痛めつけることなんて屁でもないのかも。てかここ最近のランプルもたいがいでしたから、復讐の意味もあってあそこまでヒドいセリフを言わせたのかなあ。
    てかこしあんのイチゴ大福って(≧∇≦)ブハハハ!
    エデさんおもしろいこと言いますねーーー!!!
    でも確かにそうだ!(笑)

    返信削除
  6. Re: 連投失礼します!
    あは、今回はさすがに文脈でわかりました!(*´▽`*)
    ありがとうございます〜!

    返信削除
  7. ロビンの事は、単に『昔散々苛めたのにな~、助けてくれてありがとう!貴方も大変なのにね!』ってほんの少し見直したって程度ですが。まあ、目の前で倒れられたら助けざるを得ないですけど。あの内容だと「黄金の心」を持っているのは、他人の迷惑顧みずに行動するゴールド/ランプルじゃなくて、むしろ耐えてるロビンじゃない?と思ったんです。S1のデヴィッドは酷いヤツだったけど、S2の王子がそれを自覚しつつ、努力してるの見た時と同じ感動だったもので。(こうしてみるとキャラ皆成長してるのに、ランプル…)
    レジーナの仕打ちは勿論ですが、個人的に引っかかったのは台詞の方です。
    若僧より下手って…(笑)何よりプライドボロボロかも!数百年に渡る、彼のナンパ人生は何だったんだ…(爆笑)いえ、実際はあのコーラもゼリーナも落としてるし!だ、大丈夫…よね?
    でもベルの口から出るとインパクト絶大ですねえ。レジーナ酷すぎるよ、と泣笑いします。操られてる時の記憶って無いのかな?後で何らかのフォローしてあげて、ベルちゃん!可哀想過ぎます!

    返信削除
  8. ��エデさんへ
    たしかに考えてみたらロビンって良心に従って行動してますよね〜。
    レジーナにコソ泥とか呼ばれてるけど、彼女に言われる筋合いはないですよね(´▽`;)
    「数百年に渡るナンパ人生」って(≧∇≦)ブハハハ!
    言われるまで忘れてました〜〜〜!!!
    そうそうベルの口から、というのが衝撃でした。
    なんか乗り移ってる?!と思ったらホントにベルじゃなくてよかった!!!(笑)
    でも「あたしらしいでしょ」と言いながら登場するシーンはちょっとおかしくて笑っちゃいますけど…(´▽`;)
    本文中に書きませんでしたが、登場後「忘れなさい」とレジーナがベルの心臓に向かって言っているので、すべて忘れちゃうんだと思います。ヘタするとティーカップのセリフやキスも忘れてる可能性ありますが、あれが操られてのことでなかったのであれば、ベルの気持ちは変わらないと思うんです。ランプルとちゃんと話し合える機会さえあれば。

    返信削除
  9. やっと日本語で全部意味が解りました。

    …改めてレジーナ…!!って気持ちになってます(察してください)
    それなのに、日本の反応は「レジーナ良い人過ぎる」は?
    そりゃあ、先週ロビンの事で脅されてるけど!レジーナの嫌な所は(勿論良い所もあります!基本格好いいなあとは思ってる!)自分が被害を受けたら、それと同じか、それ以上の方法でやり返す、そしてその行動を正当化する事です。(レジーナのキャラじゃなくて脚本がそもそも、レジーナを正当化している)スタッフに愛されすぎてる!贔屓は良くないんじゃないでしょうか?その辺の偏りが気になりました。だから、素直にヒーロー化レジーナに思い入れ出来ない…ひねくれてますか?(私は単なるルンペルのモンスターペアレント…は変ですね、クレーマー?)

    天然サイコパスなクルエラは、製作者に可愛がられてないけど、好きでした。また「本当はかわいそうなキャラ」で来るのかと思ったら、実は…というオチが面白かったです!

    返信削除
    返信
    1. エデさん、コメントありがとうございます。
      日本でも19話まで放映されたんですね〜。
      私のシーズン4記事はなかなか進みません…(´▽`;)

      レジーナはスタッフだけじゃなくファンからも絶大なる人気がありますよね〜。だから、これからもレジーナはがんがん活躍するものだと思ってます。私も最初は嫌いだったけど、発言がおもしろいので今はなかなか好きですが、やっぱランプルびいきなので彼の動向のほうが気になりますけどね。

      とりあえず、どんなキャラ設定にされようが、ランプルが出続けてくれることを願ってます!(*´▽`*)

      削除
  10. クルエラの最期があっけなくて、ちょっとビックリでした。

    クルエラは、何かきっかけがあってダークになったとかじゃなくて、生まれながらにしてダークだったんですねぇ。
    なにげにそういう設定のダークキャラは、珍しい気が…。

    しかし魔力を持つ前には父親を3人も殺していたのに、魔力を持った直後に母親を殺して以降は誰も殺せていない。
    生まれながらにダークだったのに、だぶんダークキャラの中では一番、殺めた人数が少ないんでしょうね。

    それにしても、エマの顔つきがなんだか怖くなってきてますね。
    眉毛の色が薄くなって、目の下の縁が赤い…。
    このころ、もう平行してシーズン5を撮っていたんでしょうか?
    それとも、ダークに近付きつつある様子を見せるためのメイク変化なんでしょうか?
    どちらにしても、顔つきが暗くて、観ていてドキっとしちゃいます(+_+)

    返信削除
    返信
    1. maseruichaさん、クルエラって死んだんだっけ、と、自分のメモを見直したら、エマをダークにする作戦?によってエマが突き落としたんですね。もうそのへん全然覚えてない…(→o←)

      ダークキャラであっても、どこか良い部分がある、というのがワンス・アポン・ア・タイムの特徴なので、セカンドチャンスを与えられないままの悪役は珍しいですよね。思いつくのはランプルパパくらい?

      クルエラのバックグラウンドは、すでにほとんど覚えてないんですが、父親を殺してたんですかΣ(゚∇゚*)!! ←おぃおぃ…

      生まれながらのダークキャラと言えど、一応ふつうの人間キャラだからでしょうか、殺人数が少ないのは。

      エマの顔つきがダークなのは、私も気になってました。
      おそらくそういう設定(だんだんダークになっていく)だったんじゃないかと思っています。見直したらまた違うことを思うかもですが…。

      ただのカンですが、おそらくシーズン4の撮影中にシーズン5の撮影をすることはないんじゃないかと思います。してたとしても、メイクくらいは調整すると思うし。

      そう、正直、何かに取りつかれたみたいな表情で、ドキっとしますよね(^^;

      削除
  11. Choco Co さま
    クルエラは、「普通の人間キャラだから殺人数が少ない」んじゃなくて、母親を殺した後、「作者」が魔法のペンで「クルエラはもう二度と人を殺せない」と記したから、例え殺人を犯そうと引き金を引こうとしても、意に反して引き金を引くことはできなくなってしまったんですよ~。

    だからこそ、ヘンリーを誘拐してまでエマやレジーナに「作者を殺せ」と要請したと思いますし、ルンペルも作者からこのクルエラの事実を知らされて、「クルエラは本当はヘンリーを殺すことはできないけど、それを知らないエマが怒って、クルエラを殺す(=闇に近づく)だろう。しめしめ」という思惑が働いたんだと思いますよ~!

    返信削除
    返信
    1. maseruichaさん、コメントありがとうございます!
      あらら、そうでしたか!
      どれだけわたしの脳みそがザルか露呈してしまいました(´▽`;)
      な〜るほど!!!
      早く詳細あらすじを書かなければ…そのために見直しますが、何度見直しても書き留めないと忘れちゃうので…(^^;(書き留めても「こんなことあったんだ」とまるで初めて知ったかのような感覚を覚えることもあったりして)

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。