2015年4月9日木曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3第15話・詳細版3〜悲しい犠牲

Once Upon a Time S3E15.4
「Quiet Minds(NHKの邦題:頭の中の声)

2014年3月30日放送(アメリカ)

詳細版1〜現在のストーリーブルック詳細版2〜ベルとニールの冒険からの続き。

以下、2014年6月29〜7月1日付でアメブロにアップした詳細版を、ほぼ当時の文章のまま、若干修正・編集・追記のうえ、画像を差し替え/追加してまとめています。

※わかりやすさのため話の順序を変えています


***以下、ネタバレ全開のあらすじと感想***




1年前のおとぎの世界・その2


1年後にストーリーブルックでベルが推察したとおり、ランプルをよみがえらせるために例のカギを使ったニールも苦しみ始めていました。

地下墓所から出てきた黒いかたまりは、今やはっきりとランプルの姿に。


ダークワンとして戻ってきたから当然なんでしょうが、やっぱダークワンの顔で戻ってきました(^▽^;

ベルとニール(ベイ)に気付いたランプルが苦しむ息子に駆け寄り抱きかかえると、そこへ緑色の魔女の登場

「かわいそうなベルファイア、父親のあやまちから学ぶことができなかったのね。どうしても息子のところへ戻りたかったのね」とニヤニヤする魔女。

ランプルはダガーを振り上げ「おまえのしわざだろうおまえがベイをだましたんだろがヽ(`Д´)ノ」と怒り心頭ですが、魔女は「私はただ情報を流しただけよ」と涼しい顔。

む、むかつく\(*`∧´)/ 自分がおどしてやらせたくせに(`×´)

「どんな代償を払わなければいけないのか教えなかったんだろうヽ(`Д´)ノ」
「あ~らいけない。でも命を救うためには命が必要なのって、当然じゃない?」

「(ニールに)大丈夫だ、息子よ」
「それはどうかしらねぇ。I do doubt that.」

…ぬぬぬ…このやり取りしてるときの魔女、ほんっとに憎たらしい


ランプルも怒りと息子を救いたい気持ちでいっぱいだったんでしょう。ベルをその場から遠ざけると、魔女をにらみつけ「絶対に死なせない」と吐き捨てるように言います。


ダガーをかざし、息子を助けようと渾身の力をふりしぼるランプル。

しかし「(ダガーと息子の)両方をキープしようというのは無理な話よ」と魔女に言われ、やむを得ずダガーを投げ出します

今度こそ、闇の王としての力よりも息子を選ぶことができたんですね(*´-`*)

「あなたにそこまでできると思わなかったわ」と、ほくそ笑みながらダガーを拾う魔女。ルミエールが言っていたとおり、これが目的だったんですね(-_-メ

ダガーを手放したランプルは、なんとニールを自分の中に取り込んでしまいました。

「あなた、息子は取り戻したけど、自分自身を失ったわね。You've got your son, but you've lost yourself.」


「ランプル?」と涙ぐむベルが声をかけますが、混乱した表情のランプル、「ランプルじゃない。スペースがない。No Rumple. No room.」と繰り返します。

もういいわ、行くわよ。その前にベルを殺しなさい」と非情にも命令する魔女。ランプルが自分の言うとおりになるか試したいんでしょう。

しかし、見るに見かねたルミエールが魔女を炎で縛り上げ、ベルを逃がします。しっかりキャンドル立てを持って逃げるベル。ルミエールもぶじだといいんですが…。

その後のことは描かれていませんが、これがランプルが魔女の囚われの身になったいきさつなんでしょうね。


現在のストーリーブルック・その3


苦しむニールに「ゴールドがあなたの中にいるんだと思う。だからあなたがまだ生きてるのよ。ゴールドが『スペースがない』と言ってたのは、あなたのことだったんだわ(1人の人間の頭の中に2人分入るスペースがないという意味だと思われる)」とエマ。

ニール「エマ、魔法を使っておれとおやじを引き離してくれ」
エマ「なに言ってんの。そんなことしたら死ぬわよ」
ニール「魔女がだれなのか突き止めて町を救うには、おれよりおやじのほうが必要だろう。

「そんなすごい魔法、使ったことないわよ」と尻込みしながらも、「ヘンリーのためにやってくれ」と懇願され、おそるおそるトライしてみると…

ぶじ、成功!

ニールとゴールドはふたりの人間に分かれます。

「どうしてこんなことを」と驚くゴールドに、「おれがエマに頼んだんだ。魔女の正体を父さんに教えてもらって、彼女を倒すことができるように」と虫の息で話すニール。


「(魔女は)ゼリーナだ」と、ようやく口にすることができたMr.ゴールド。「自分の持っていないものを手に入れようとしているんだ」

エマは「ニールを助ける方法はあるんでしょ?」と泣きそうになりながら聞きますが、「遅すぎるんだ」と言われてしまいます。

「そんな…。ヘンリーにまだ会ってもいないじゃない」と愕然とするエマ。

ニールは「大丈夫だ、会わなくてもいい。いい父親だったってことを知ってもらえればいい」と言って、例のネックレスを取り出します。

「きみにこれをもう一度渡すためにとっておいたんだ。タラハシーを見つけてくれ、おれとじゃなくても。どこかから見守ってるから。ふたりとも幸せになるって約束してくれ


ああああううううう…(;_;) そんなこと言われたら泣くしかないでしょう。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

「約束するわ」と泣きじゃくるエマ。ゴールドは「だめだ、なんとかできるはずだ」と叫びますが、ニールは「いや、できないよ」とあっさり否定。

「父さん、ありがとう。本当の犠牲ってどういうことなのか、教えてくれてありがとう。愛する人を救うってことなんだよね。今度はおれの番なんだ。行かせてくれ」


ああああああううううううううう(TДT)
ニールぅぅぅぅ、死なないでぇえぇぇえ(私の心の声)




「I love you, son」と、涙がぽろり。

このあと、「I love you, Papa」と言ってニールは息絶えます(ToT)

悲しすぎますが、「愛してるよ」と言い合えたのがせめてもの救い。

見捨てられたと思い込み、断絶していた父親と和解して逝くことができたのはよかったです。なんたって、最後の言葉が「I love you, Papa」ですから(;_;)

ニールの亡くなるシーン、最初に観たときは「なんかうそくさい」と思ったのに(ひねくれ者?)、見直した今、もらい泣きしてしまいました。(2016年に見直してる今も(;_;))

ニールを失い、呆然とするエマもかわいそうーーー(;_;)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*

魔女の正体がゼリーナと知ったデイビッドとエマはメアリーマーガレットの待つ家に戻りますが、トイレにいたはずのゼリーナは、すでに逃げたあとでした。

「すぐにこの家にプロテクションスペルをかけてもらわなきゃ」と、エマはレジーナに電話します。

メアリーマーガレットもゼリーナが魔女だと知って驚愕。こんなショック、胎教によくないですよね(´▽`;) ニールが死んだことも聞いて驚くメアリーマーガレットはエマを抱きしめて慰めます。


それにしてもニールを失ったばかりでゼリーナを追いかけるエマ、強いな~。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*

さて、ニールの遺体のそばに座り込むMr.ゴールドのところにゼリーナがやってきます。

「クククッ、これでもうニールは問題じゃなくなったわね( ̄∇ ̄)」と薄笑いしながらニールの顔をまたぐゼリーナ∑( ̄□ ̄;)サイアク!!! 

ゴールドは「ニールは救い主におまえの正体を知らせるために死んだんだ。彼らがおまえを殺しにくるのも時間の問題だ。わたしが先に殺さなかったらの話だがね」と立ち上がりますが、ダガーを持つゼリーナは余裕です。

「あなたは私には手を出せないわよ。もう頭がごちゃごちゃしなくなって、すっきりしたはず。このほうがずっとおもしろいし」

「おまえはわたしをコントロールできるかもしれないが、もうおしまいだ。おまえの正体はみんなにバレたんだから。もうスノウの赤ん坊にも、他のだれにも近寄ることはできないだろう」とランプルも負けじと言い返しますが、


「あなたの素敵な頭脳を手にした今、そんなことはもうどうでもいいの。さ、自分の檻に戻りなさい」と、やっぱり余裕かつイヤらしいゼリーナ…。

イヤと言えないランプルは、いやいや戻って行きます。


てか、

ニールの遺体、林の中に置き去りですけどーーー。(;▽;)


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*

ヘンリーにニールの死を伝えに行くエマ、とうとう本当のことを話すのかと思ったら、「ここに来たのは友だちを助けるためだった」ということにしてました。まあウソじゃないけど、ほんとのことを全部は言ってないですね。

その友だちというのがじつはヘンリーの父親であること、助けられずに死んでしまったことを泣きながら話すエマ。

「いい人だった。きっとすばらしい父親になれたに違いないわ。彼はヒーローだったことを知っておいてほしいの」と、涙をぽろりとこぼします。


このときもジーンときました(;_;) 


シーズン3第16話へつづく

Posted on Saturday, January 30, 2016





ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3もくじ


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5もくじ

2 件のコメント:

  1. 最近メアリーが余り活躍しないなあ、と残念でしたが今回エマを抱きしめるシーンでホロリ、あと何故ベルとハグ?と意外でしたが、多分「エマの母がニールの義母を慰めてる」シーンなのかも?と解釈して納得しました。流石、そこはメアリーじゃないとね!今回直接傷ついてるのはその場に居たエマとランプルだから、彼らを一番愛する人が互いにいたわってるんでしょうね。
    今回の脚本は女性らしいので、そこが上手いな、と思いました。アラも多いですけどね。

    返信削除
    返信
    1. この頃って妊娠中で出番を故意に減らしたのかもしれないですね。そう考えると今第二子妊娠中だから、さらに減るのかな…。
      今回の脚本は女性ですか〜。そこまでチェックしてないのですが、全部細かくチェックしたらおもしろいかもしれないですね^^

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。