2015年4月9日木曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3・第14話その1〜塔に幽閉された姫

Once Upon a Time S3E14
「The Tower(NHKの邦題:塔)

2014年3月23日放送(アメリカ)

この「塔」を見たら、誰が出てくるかだいたい想像つきますね☆

シーズン3・第13話その2〜のろいをかけたのはからの続きです。

以下、2014年5月29日にアメブロにアップしたブログ記事をほぼ当時の文章のまま、若干修正・編集・追記のうえ、画像を差し替え/追加しています。



***以下、ネタばれ全開のあらすじと感想***

※わかりやすくするため話の順序を変えています



9ヶ月前(?)のおとぎ話の世界


あるはずのない子ども部屋にデイビッドが入ると、そこへドレスアップした王女姿のエマが現れ、「私のときは失敗したわね。次の子どもは失敗しないようにね」とささやきながら何かに吸い込まれて行ってしまう…という、ホラー映画なみの悪夢を見るデイビッド。

珍しいドレス姿のエマ、かわいかったのに夢だった…

「次の子ども?」といぶかりながら目を覚ますと、スノウが「妊娠したの」と笑顔で報告します。

どうでもいい突っ込み…9ヶ月前に妊娠したことがわかって、まだ生まれてないって…おとぎ話の世界の人間って、妊娠した瞬間にわかるんでしょうか?!(´▽`;)

時系列的には前回、レジーナが城のシールドを下げてしばらく経ったあとのお話だと思われます。デイビッドひきいるストーリーブルックの元住人たちの部隊がどうやってお城に入ったか、などは省略されてますが、城に入ることに成功したんでしょうね。

***

デイビッドは、うまやで酒を飲んでいるところに現れたロビンと話します。どういうわけか恐れにとらわれているデイビッドに、ロビンがアドバイス。

「妻が亡くなったあとタック修道士(※英語では Friar Tuck。ロビンフッドの片腕的存在らしい)が話してくれたんだが、どんな恐れも克服させてくれる根っこがあるらしい」

それを聞いて、がぜん取りに行く気になるデイビッド…根っこの力を借りずにはいられないほど強い恐れなの?!(^^;

それはシャーウッドの森の白いコケの下にあること、クリスタルのかけらが混じっていて星のように見えること、そのため「ナイト・ルート(夜の根)」と呼ばれていること、を確認して、デイビッドは出かけます。

その周辺には幽霊が出るらしいと忠告されますが「家族のためなら幽霊なんて怖くない」と勇ましいデイビッド。根っこなんてほんとに必要?!(^-^;



すんなりナイト・ルート↑を見つけるデイビッドですが、「助けて!」という悲鳴を耳にして声のほうへ行くと、見上げるほど高い塔のてっぺんから助けを呼ぶ声が聞こえます。

迷わず塔を登り出すデイビッドはやっぱりじゅうぶん勇敢。途中、髪の毛でできた黒いロープのようなものがあり、それを伝って登り切ると、塔の中で待っていたのは…


黒髪のラプンツェル!!!



今までもシンデレラのフェアリーゴッドマザーが黒人だったりしましたが、一般に金髪で知られるラプンツェルを黒髪にしてしまうところは斬新ですね。

(話がそれますが、英語では「ラパンゾー」に近い発音となるため違和感〜っ(´▽`;))

兄を亡くしたあと、恐怖にとらわれ悪夢に悩まされて眠れなくなった彼女は、ナイト・ルートの話を聞いてここまで来たのでした。

「ナイト・ルートをのんだけど効かなかったの。ここに来たのが人生最大の過ちだったわ。ここを去ろうとしたら、顔をかくした魔女が現れて閉じ込められたの」

「もう大丈夫、行こう」とデイビッドが手を引こうとするも、「だめ、出て行こうとすると魔女が来る」と怯えるラプンツェル。

デイビッドが塔の外を見ると、ほんとうにマントに身を包んだ人影が近づいてきて、塔に登り始めるではないですか。

このへんホラー入ってて非常に不気味かつ怖い!!!

「あなたは今逃げれば助かるかも。あなたには私を救えない」というラプンツェルの言葉に、「いや、救える」と決意を固めるデイビッドですが、いとも簡単に投げ飛ばされてしまいます。


現在のストーリーブルック


前回、敵はオズの世界の「西の悪い魔女」だとわかったデイビッドたち。魔女をどうやって見つけるか、相談の結果、前話で魔女が荒らしたレジーナのオフィスをエマたちが捜索するあいだ、レジーナがヘンリーを魔女から守る、ということで合意し、行動開始です。


一方、ゼリーナはランプルを閉じ込めている地下室へ。


すごい雪ですね…

前話↓では全く雪の気配がありませんが、今回は一気に雪国のように(笑)積もってます。



たしかに今年(2014年)2月末、バンクーバー一帯でけっこう雪が積もった時期がありました。撮影時期がわかっちゃうな(笑)


2月末、雪の残る中でストーリーブルックのセットを組むようす。14話放映のちょうど1ヶ月前ですね。


話が完全にそれました。

「The spinning cleans the mind, soothes the soul...(つむぎは心をきよめ、魂をなだめる)」とブツブツつぶやきながら金をつむぐランプルを言葉でいびるゼリーナ、「私を傷つけたいの?やってみたら?」と鍵を開けます。

しかし、なんとランプルのダガーを取り出した彼女。


第11話でランプルが父親もろとも自らを刺し通したあのダガー、これを持つ者はダークワン(闇の王)を支配できるという短剣です。(最初の登場はシーズン1の第8話

なんでこれがゼリーナの手に渡ったのかは謎ですが、ランプルがおとなしく閉じ込められてるワケがこれで判明。ゼリーナがダガーを持つ限り、ランプルも彼女を傷つけることはできず、言うなりになるしかありません。

このダガーでランプルを殺すのかと思いきや、いきなりランプルのひげを剃り始めるゼリーナ。少し切ってしまって出た血を嬉しそうに拭い取る様子を見ると、ランプルの血がほしかったんですね。


***

その後、いけしゃあしゃあとゴールドの店に顔を出し、「あなたがMr.ゴールドの奥さん?Mr.ゴールドはいらっしゃる?」などとベルに話しかけます。「Mr.ゴールドは亡くなりました」と沈痛な面持ちで答えるベル。

「お悔やみ申し上げます(きぃい~っ、自分が閉じ込めてるくせに!)。じつはメアリーマーガレットさんの赤ちゃんのための贈り物を探してまして」と笑顔を浮かべながら、サクッとベルに緑色の魔法をかけてフリーズさせ、その間に奥の金庫へ。

親指につけたランプルの血を鍵にあててやすやすと金庫をあけ、中からガラス瓶に入った黒い物体を取り出します。

***

レジーナのオフィスで魔女の痕跡を調べるデイビッド・エマ・フックは、ひいらぎの赤い実を見つけます。「これはトロール橋の近くの茂みに生えてるやつだ」とデイビッド(動物シェルターで働いていた経験から、犬の散歩中に見つけたらしい)

そこへ「助産師を見つけたから会ってほしい」とメアリーマーガレットから連絡が入り、茂みの調査はエマとフックにまかせてデイビッドは家に戻ります。

お話とは関係ないけどこのエマのスタイル(帽子とか)かわいい〜

家ではメアリーマーガレットとゼリーナが昔からの友人のように語っていました。デイビッドが到着すると席を立ち、お茶を入れるゼリーナ。

それにしてもかわいいキッチン♪(*´▽`*)

すっかり彼女を気に入った様子のメアリーマーガレットですが、「記憶のない1年のあいだに敵だったかもしれない」と、デイビッドは半信半疑です。

ゼリーナはふたりがひそひそ話をしているあいだに、こっそりカバンの中から黒いかたまり(さっきゴールドの店から盗ってきたものっぽい)を取り出し、砕いてカップのひとつに入れます。そのカップをデイビッドに渡すと、最初はなかなか口にしないものの、ゼリーナは言葉巧みに彼をも懐柔。


みんなで乾杯し、デイビッドがとうとう一口お茶を飲んだところで用が済んだのか、ゼリーナは「だいじなお仕事をしてたんでしょう、もう解放してあげたほうがいいわね」と促し、デイビッドは再び魔女さがしへ(目の前にいるのにぃ)

***

ひいらぎの実を追って魔女の痕跡をさがしているうちに妙な人影を目にし、それが魔女だと思い込んだデイビッドは、エマの留守電に「魔女を見つけた。あとを追う」とメッセージを残します。

ところがこの人影、ラプンツェルのところに現れたマントの人物とそっくり同じマントをまとっているうえ、簡単にデイビッドを投げ飛ばしてしまいます。

***

一方、ゼリーナの隠れ家にたどり着いたエマとフック。例の避難壕(storm cellar とエマは言ってました)を見つけますが、まずはレジーナに連絡しようと携帯を取り出してデイビッドの残したメッセージに気付きます。

***

デイビッドは気絶したと見せかけて不意打ちをかけ、マントの人物に切りつけます。それでも死なないどころか、デイビッドをかるがると片手で持ち上げ、首を絞める相手に驚き、マントのフードを上げると…


なんと、マントの人物の顔はデイビッド本人!


こわっ!Σ(゚∇゚*)!!


ここで画面は切り替わり、「9ヶ月前(?)のおとぎの世界」に戻ります。

これ以降のお話は、ストーリーブルックとおとぎの世界を切り離して書きにくいため、放送された順番どおりに書くことにします。

と言いつつ、長くなったのでここでいったん切ります(´▽`;)



シーズン3第14話その2へつづく

Posted on Saturday, January 23, 2016





ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3もくじ


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5もくじ

6 件のコメント:

  1. >おとぎ話の世界の人間って、妊娠した瞬間にわかるんでしょうか?!
    王子のお母さんに貰ったペンダント(S2)を見つけたら、振り子が揺れたとか?
    エマ姫姿可愛いし、王子メインの話は珍しいので楽しめました。スノウ絡みだと情けなく(笑)見えるけど、実は結構好きです、理想の旦那様!

    返信削除
    返信
    1. エデさん、おお、目の付け所が違いますね!
      それ、あるかもしれないですね〜(*^-^*)

      エマのドレス姿かわいいですよね〜。彼女、きれいな服を着てにこにこしてればかなり美人なんだなあと実感しました。
      王子は記憶のないデイビッドの間は情けなかったけど、それ以外はキャラとしては好きです!(*^-^*)

      削除
  2. 監禁ランプルに呆然として、上手くコメントが出ません…嗚呼
    今何か話したらとんでもない事言い出しそうで。(ハムスターみたい、ってコメント見つけて涙目です)髭剃りだけなのに画がエロいとか…。

    魔女さんの「ハンサム」発言とか、「Mrs.ゴールド」とかいちいち細かい所でモヤモヤして本筋に入り込めない回でした。でも面白かったんですよ。カメラワークとかいつもと違う感じで。こーいうホラー風味も悪くない。

    返信削除
    返信
    1. あっ、エデさんも思われました?カメラワークがすごくいいなあと今回初めて思ったんです、私も。(今までは全然意識してなかった)
      ホラーなのは私は好きじゃないのですが…作り方はおもしろいと思いました。

      削除
  3. 退屈だった(^_^;)S2を見終わり、S3の録画を見始めたら、
    面白くてとまらない!毎日1~2話ずつ見ています。
    ピーターパンがゴールドの父親だとわかった時は、そう来るか!なるほどね!と感心。

    話の展開が速くて、細かいことはどんどん忘れているので
    内容を確認するため&Choco Coさんの感想を読みに久しぶりにこちらに来ました。

    このエピソードで気になったのは、ゼリーナがキッチンでお茶を入れるシーン。初めて来たよその家で、いきなりお湯をわかし、
    住人に何も確認せずに勝手にカップを選ぶ様子が、黒い塊を入れるためとはいえ、不自然に思えてしまって。
    欧米なら初めての他人の家であんなふうに行動してもOKなんでしょうか?
    日本の家ならちょっとありえないな~

    返信削除
    返信
    1. Angeさん、コメントありがとうございます!
      シーズン2、退屈でしたか(苦笑)
      正直、シーズン2とシーズン3の内容がぱっとは思い出せません…(´▽`;)
      私もあとで内容を確認するためにメモってます!(笑)

      ゼリーナがいきなり…という行動自体には、特に違和感は持たなかったような…?もしかしたらAngeさんと同じような感想を持ったのかもしれないけど、もう覚えてません(^^; 「よそんちでいきなり?」ということよりも、おそらくゼリーナが何か悪巧みしてるに違いないというハラハラのほうが大きかった気がします。

      確かに日本では、お客さんがいきなり台所に入るなんてありえないですよね。そこらへんの文化は少し北米では違う気がします。家に人を招き入れることが前提みたいな文化なので、おうちがショールームのようにきれいに飾られ片付けられてる確率が日本よりずいぶん高い気がしますし。

      でもやっぱ、親しい友人でもないのに勝手にお茶を入れることまでは普通はしないかな〜?この場合はもしかしたら、(少なくともうわべは)妊婦のメアリーマーガレットの負担を考えて、ということなのかも。

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。