2015年4月9日木曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2・第19話その2「レイシー」

Once Upon a Time S2E19.2
「Lacey(NHKの邦題:もう一つの顔)


シーズン2・第19話その1〜ロビン登場からの続きです。

以下、2013年11月18日にアップしたアメブロ記事(Once upon a time・S2E19☆ネタバレ感想☆ランプルとベルの過去)に加筆・修正のうえ、画像を加えています。



***以下、ネタばれ全開のあらすじと感想***

※わかりやすくするため話の順序を変えています




ストーリーブルック


ニールがヘンリーの父親であることをランプルの口から初めて聞いたレジーナは驚きますが、そのときのランプルの表情がちょっと笑える↓

レジーナ「あなたがヘンリーのおじいさんですって?!」
ランプル「つまりわたしたちは家族ということになるな」


レジーナは、Mr.ゴールドが最初から知っていて自分の養子にヘンリーを選んだのではと疑いますが、Mr.ゴールドによれば「そうじゃない、運命だ」。なんせ、彼自身ショックを受けてますから

前の晩ヘンリーを殺す夢を見てしまったように、自分の"undoing"が(存在も知らなかった)孫であることをまだ消化しきれていない様子のMr.ゴールド。

ヘンリーの誕生日を祝ったあと殺してしまう夢(^-^;

Mr.ゴールドはベルを病院にお見舞いに行き、「この前の電話で驚かせてたら申し訳ない。きみがわたしのことを何も覚えていないのはわかっているが、わたしのきみへの気持ちは本当だ。そのことを知っていてほしかったんだ」と言うと、ベルは「あなたが大丈夫でよかったわ」とにっこり。


記憶は戻っていないものの、記憶を失う前の自分の人生にランプルがいたことは信じられると言うベル。

「ヘンに思うかもしれないけど、私が怪我をしたとき、あなたが私をいやしてくれたのを覚えてるの」と思い切って言うと、ランプルは否定も肯定もせず、「いろいろありすぎた。自分がだれなのか思い出したら、すべてはっきりするだろう」と言います。

「私がだれなのか思い出すのを手伝ってくれるの?」と聞かれて「きみがわたしがだれなのか覚えているのを手伝ってくれたらね」とランプルは答え、「きみはいつもぼくのなかのベストを引き出してくれるんだ。今はそんなきみの助けが必要だ」と言います。

「お互いに助け合えるわ」と手を差し伸べるベル。


退院準備をするベルを訪ねたレジーナは、ベル自身のもののように見せかけてバーのマッチを渡します。それを見て「自分がだれだか思い出したわ」と目を輝かすベルですが、実際はおとぎの世界でのベルとしての記憶ではなく、のろわれたストーリーブルックでのレイシーとしての記憶を思い出したのでした。

レイシーとは、派手な服を着て大酒飲みの、ベルとは全く別人のようなキャラで、Mr.ゴールドも目をぱちくり(´▽`;) 


レジーナのせいだと気づいたMr.ゴールドがレジーナのところに「ベルを元に戻せ」と言いに出かけたときのレジーナの皮肉なセリフの数々がちょっと笑える。

「息子がいるからひどいことはできないでしょ…レイシーに慣れなさい」とか「(真実の愛のキスで目覚めさせるには)レイシーはあなたと同じ気持ちじゃないと思うわ」とか、あげく、「(じゃあ愛させてみせる、というゴールドのセリフに対し)若い女性に恋させる魅力タップリだものね、一目惚れするに違いないわ」とニッコリしたり(゚ー゚;


皮肉には笑えるけど、ゴールドをヘコませたのが嬉しくて仕方ない感じなのが意地悪すぎるよ〜、レジーナ…。

***

切羽詰まってデイビッドにアドバイスを求めるMr.ゴールド、「助けてくれたらきみに借りを作ることになる」と必死です。「のろいがかかっていて別人になっていた間でも、きみはメアリーマーガレットの心を射止めただろう」というわけです。

デイビッドのアドバイスは「レジーナののろいがかかっていた間でも、スノウとチャーミングだったときのかけらが残っていた。本当の自分が内側にいたんだ。ベルが恋した男を見せてやればいい」というもの。

その後デイビッドもいっしょにバーに行ってレイシーの隣に座りますが、「バンヘーレン好き?」など、通じない話をされて「共通の話題が何もない」と途方に暮れてしまうのがまた笑える(笑)。

それでもデイビッドにこづかれ、がんばってデートの約束を取り付けます。

「8時にグラニーの店で」って…まだ8時前なのにバーに入り浸ってたのか(苦笑)

「悪くないじゃん、ドン・ファンさん」と声をかけるデイビッドに「わたしと取り引きする前はドン・ファンなんてつまらない奴だった」(!)と吐き捨てるように言うのがウケる(笑)。

しかし、せっかくデートにこぎつけても、「バーガーをふたつ」と注文するMr.ゴールドにレイシーは「あたし、ハンバーガーってそんなに好きじゃないんだよね」と、チキンに変更。

グラニーもベルの変わりように「ルビーの服でも着てるの?」と冗談言うのが笑える

ハンバーガーがベルとMr.ゴールドの思い出のメニューであること(ベルが4話で「ハンバーガー食べたことないの。今度食べに行きましょう」と誘い、8話で実現)を覚えてないのでしかたないけど、ホントに別人の記憶しかないのがさみしい(;_;)

と言いつつも、Mr.ゴールドがアイスティーなのにレイシーが白ワインをドボドボ自分のグラスに注いでるのもおかしい(笑)。

「どうして町のみんながあなたを怖がるのかわからないな。あなたはだれも傷つけない人に見えるもの」と言われて「そう言ってくれてうれしいよ、ありがとう」と心から嬉しそうなMr.ゴールド。

You know what they say, you can't tell what's in a person's heart until you truly know them. ほんとうにその人を知るまで、心の中はわからないって言うからね」

と言うレイシーのセリフに驚いたMr.ゴールドはグラスを倒してしまいます。「昔、全く同じことを言われたことがある」

レイシーが服を直しに席を立ったときに笑顔になるMr.ゴールド。レイシーの中のベルが見えた瞬間に、希望が持てたんでしょうね。

しかし、料理が運ばれて来ても戻って来ないレイシーを探しに行くと、なんと店の裏で男といちゃいちゃしているのを発見Σ(゚∇゚*)!!

すごい剣幕のランプルを見てビックリして逃げ出した男は…

前は気づかなかったけど魔法の森の保安官ですね(゚ー゚;

デートがうまくいっていると思ってたのは実は自分だけで、レイシーは親切心でデートを承諾しただけだと知ってMr.ゴールドは大ショックを受けます。

「ベルっていう女性はあなたを愛していたのかもしれないけど、私はベルじゃないの」とキッパリ言われちゃったし、この先どうなるやら

このあとわざわざ「すみませんでした」と謝りに来た男(魔法の森の保安官)を杖でボコボコに殴りつけるランプル。過去にベルを売春婦のように扱おうとしたヤツだから多少は殴りたくなる気持ちもわかるけど、ちょっと暴力が過ぎる(゚ー゚;


そこをレイシーに見られちゃってヤバい!と思ったら、なんとレイシー「あなた、私が思ってたような人じゃないのね。嬉しいわ」だってΣ(゚∇゚*)!!

Mr.ゴールドもあまりに意外な言葉に目を見張りますが、次の瞬間、半分ヤケっぽくニヤリとして、レイシーの見守る中、さらに殴打を続けます…(゜o゜;)

レイシーの中にベルが隠れてると思ってたけど、ベルの本性って実は残忍なのぉ?!(゚ー゚; ま、まさか、だから2人がうまくいくってわけじゃないよね?(´▽`;)

てか、ワンスってこんな暴力シーンあったっけ、忘れてました(-_-;


故郷に帰りたがるメアリーマーガレットとデイビッド


さて、ニールがヘンリーと遊んでる間に、デイビッドとメアリーマーガレットはエマを豆の木畑へ連れて行きます。

ブルーフェアリーがおまじないで隠した畑で、(元)巨人のアントンと小人たちがここで世話をしていたのです。

自慢げなアントン(笑)

「私の心を治すためには私たちの世界に戻るのがベストだと思うの」と、魔法の森に戻りたがる両親ですが、人間世界で育ったエマは複雑です。

このとき3人とも黒づくめなんだけど、このスタイル好き〜♪

一方、ニールのことを話してくれなかった恨みごとをエマに言うレジーナは、「ヘンリーを永久に失う前に、ヘンリーがあなたになってほしい人間になる努力をしてみたら」と言われてエマたちが何か隠しているとカンづきます。

し、しまった…(と思ったとしてもポーカーフェースのエマ)

結局レジーナは豆の木畑を探し当てるのですが、その方法がすごい。タイニー(アントン)と小人たちが乗って来たデイビッドのトラックのあとを魔法でトラックするという斬新さ。

ぜんぜん違うけど『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思い出した(笑)


タマラとグレッグの企み


ラスト、トラックを運転してきたタマラがグレッグに見せるためトラックをあけると、縛り上げられたフックが。


「汚れ仕事をさせるには海賊がうってつけよ」と満足げなタマラ、いったい何をさせるつもりなんでしょう(´▽`;)

シーズン2・第20話その1に続く

Posted on Friday, October 9, 2015

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ




2 件のコメント:

  1. チャーミング・ファミリーもレジーナもコート姿が素敵!
    あと「お爺ちゃん」コンビ面白いです!何だかんだ言っても付き合ってくれる王子いい人だ…(笑)S1では、二股なでヴィッドに冷静に忠告してたのに、どうしてそんなヤツに相談するんだ、ゴールドさん(爆笑)

    色々考えたんですが、ベルは、悪ぶってても弱さもあるランプルを守りたいと思ってそうだし(ヒーロー願望ですから、ちょっとS気あるかも)反対にレイシーは、優しいだけじゃ満足出来なくて、支配されたい(M気?)のかな?と言うのが結論です。両極端な彼氏で良かったわね(涙)

    ベルの人格云々じゃなくて、むしろ正反対な性格にすれば惹かれあわない、と考えたレジーナの詰めの甘さとか、世間知らずさを意図した演出なのかも?と考えて、辻褄合わない所は忘れる事にしました。

    返信削除
    返信
    1. ねぇ〜、素敵ですよね!
      ワンスって、服装やインテリアが素敵でいつも注目しちゃいます。スタイリストさんのセンスがいいんでしょうね。この黒尽くめスタイル好きなのに、これ以外で見た記憶がないのは残念。やっぱ、正義の味方だから白っぽいスタイルがいいのかしら。

      「つじつま合わないところは忘れる」…これ大切ですね!(笑)
      突っ込んでもわからないところは忘れたほうがいいですね(笑)

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。