2015年4月9日木曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2・第18話その2〜勇気ある行動

Once Upon a Time S2E18.2
「Selfless, Brave and True(NHKの邦題:オーガストの旅)

2013年3月24日放送(アメリカ)

オーガストの隠れ家(?)

シーズン2・第18話その1〜オーガストとタマラの過去からの続きです。

以下、2013年11月12日にアップしたアメブロ記事(Once upon a time・S2E18☆ネタバレ感想☆オーガストとタマラの過去)に加筆・修正のうえ、画像を加えています。

今回は過去のタイや香港でのお話が出てきます。あちこち時代と場所が飛ぶので、時系列順に書いています。その2は現在のストーリーブルックのお話。


***以下、ネタばれ全開のあらすじと感想***




現在のストーリーブルック


(「現在」というのは2011年のことだっけ?いまいちシーズン2のタイムラインがわかってないかも^^;)

レジーナに母親であるコーラを殺させてしまったメアリーマーガレットはあいかわらずベッドの中。そんな妻に朝食を運ぼうとするデイビッドに「そろそろ赤ちゃん扱いはやめたほうがいいんじゃない」とエマはけっこう冷たい(笑)。

2人の会話をベッドの中で聞くメアリーマーガレット、森の中へ散歩に行くことを決意。


ニールのところにヘンリーを連れて行き、ニューヨークからタマラがやって来ることを聞いたエマは、「彼女はあなたが本当はどういう人か知ってるの?ほんとのことを伝えた方がいいわよ」とニールに言います。

その後タマラ、ニール、ヘンリーとエマが仲良くお茶をするシーンで、タマラのお土産がベーグル(NYはベーグルで知られる)ってところが、あんまりにも定番すぎ(笑)

微妙な空気(笑)の中、ニールとタマラの出会いのなれそめを聞き出す無邪気なヘンリー

ヘンリーとエマが去り、ふたりきりになったところで、ニールはエマの忠告どおり、タマラに告白します。

「じつは自分はこの世界の人間ではない。魔法の森というところから来たんだ」と、ヘンリーが貸してくれた本を見せて説明しますが…


いやあ…おとぎ話が「現実のことだ。おれの歴史なんだ。↑これがおれだ」なんていきなり言われてもねぇ…(´▽`;)

案の定、タマラもそんな話は信じられません(すぐに信じられる人がいたらお目にかかりたい)。「エマとやり直したいってことでしょ。そんな作り話しなくても本当のことを言ってくれればいいのに」と怒り出します。

まあ、普通ならこれが当然の対応でしょうね。ぜんぜん普通じゃないけどね、タマラは。


オーガストとメアリーマーガレット


ところかわり、森でウサを晴らすかのように矢を射るメアリーマーガレットは森の中にバンを見つけます。バンの中にいたのは矢が足に刺さった木の人形でしたが、オーガストだとすぐわかるメアリーマーガレットはさすが。


シーズン1の最終話で完全に木になってしまったオーガストでしたが、のろいが解けたあと、動くことはできるようになったものの木のままで、人間に戻ることがなかったと言います。

だからシーズン2の第2話で、グラニーの宿から出ることができたわけですね(←このシーンすっかり忘れてたので10/9に追記)。

「これはぼくの罰なんだ。だが、自分のやったことをあがなえるんじゃないかと"期待"してしまうのがぼくの問題だ」とあきらめきった様子のオーガストを「セカンドチャンスがあるわよ」と励ますメアリーマーガレットですが…


「ゆるしとかあがないとかの心配に縁のないきみに何が分かるんだ。行ってくれ、自分のことは誰にも言わないでくれ」と、オーガストは絶望しきっています。


オーガストを救え!


「誰にも言うな」と言われてるのに、結局あっさりエマに話してしまう(笑)、秘密の隠せないメアリーマーガレット。そこに居合わせたジェペット・・あれ?オーガストがピノキオだって知ってたんだっけ。もう覚えてないけど、「わしの子が生きてるのか」と嬉しそうってことは知ってたんでしょうね。

エマはメアリーマーガレットに電話をもらってたらしいので、ジェペットは「居合わせた」のではなくエマが頼まれて呼び出したんでしょうね。

「生きてるけど全身が木なの。でも修道院長(=ブルーフェアリー)なら助けてくれるかも」と言うメアリーマーガレット。その会話をグラニーのカフェの隅っこでタマラが聞いていました…。

何かたくらんでる顔…(-_-;

しかし、ブルーフェアリーに助けを求めても、「のろいが破れたあと、わたしのところに助けを求めに来たけど、助けられなかったの。かつて海辺でピノキオを人間の男の子にしたとき、『brave(勇気がある), truthful(真実) and unselfish(自己中心でない)でいる限り人間でいることができる』と言ったのを覚えてる?残念ながら、そうではいられなかったから木になっちゃったのね」と言われてしまいます。


やっぱり絶望的なんでしょうか・・・

「まだ望みはある」と言うメアリー、人ごとながら必死になってます。オーガストに自分を重ねているんだと思う。


タマラ vs. オーガスト


どうやって見つけたのかわからないけど、タマラはバンにいるオーガストを訪ね、「ニューヨークのアパートにドラゴンにもらった液体がまだある。それをあげるから、ストーリーブルックから出て行って二度と戻ってくるな」と取り引きしようとします。


タマラの指輪を見て「ニールの婚約者がきみか」と気づくオーガストは「きみとニールは魔法のためにここにいるのか」と聞きますが、「ニールは関係ない」とピシャリ。


レジーナ vs. グレッグ(オーウェン)


一方、グラニーの宿に泊まっているグレッグの部屋にはレジーナが現れます。「見たことあるはずよね、会ったことあるもの。オーウェンでしょ」

「こちらはすぐにわかった、きみは全く変わっていないから。まるで少しも時間が経っていないかのようだ」と言われて「Monthly juice cleanse. 毎月のジュース・クレンジングの効果ね」とニッコリするレジーナにプッと笑ってしまったのは私だけではないはず(笑)。

セールスレディかい!(笑)

「父を捜しに来たんだ」と言うグレッグ(=オーウェン)、「お父さんはあれからすぐ出て行ったわ。ここにはいないわよ」と言われても信じません。しかし、レジーナは静かに「明日出て行かないと消すぞ」的な脅しをします(^-^;


メアリーマーガレット、暴力をふるう


オーガストに会うために森を歩いている途中、ジェペットは「あの魔法のワードローブには2人の人間を運ぶ力があったのに、ピノキオを救いたかったからブルーフェアリーにうそをつかせたんだ」とメアリーマーガレットに謝ります。


すると思わずジェペットをひっぱたいてしまうメアリーマーガレット。エマに「謝ってるじゃないの」と止められて我に返り、「こんなの私じゃない。ごめんなさい。あなたは子どもを守ろうとしただけ。私も同じことをしたと思う」と謝ります。

そんなやり取りのあと、一行は森の中のバンを見つけますが、すでにオーガストは去っていました。


Selfless, brave and true


タマラに言われた通り、車に乗ってストーリーブルックを去り、いったんは自分を救おうとしたオーガストでしたが、ドラゴンのところで見かけたタマラとおばあちゃんの写真を車の中で見つけて思い直し、引き返します。



エマに忠告しようと保安官のオフィスに行ってもだれもおらず、エマの携帯に電話。

黒電話がなつかしい…けどダイヤルトーンって黒電話でもするんだっけ?!

しかし事情を説明する前にタマラに電話線を切られてしまいます。

ここでオーガストは、車の中でタマラとおばあちゃんの写真を見つけたこと、香港でタマラに瓶を取り返されたあと、もう一度ドラゴンに頼み込もうと思って戻ったらドラゴンが亡くなっていたことを話し、タマラが殺したんだろうと迫ります。

「今まで自分は自己中心的で臆病で不正直に生きて来たけど、魔法や科学ではなく、自分だけが治せるんだ。この町の人たちが大切なんだ。彼らに警告する」と宣言するオーガストですが…


「そんなことできないわ」と、タマラにテイザーでやられてしまいます。(なんでワンスに出てくる男性はみんな女性にあっさりやられちゃうんでしょうね?)


そこへみんなが駆けつけ、ジェペットの腕に抱きかかえられるオーガストは、エマに警告しようと「She's...」と言いかけますが、そこで息絶えてしまいます(;_;)


「セカンドチャンスがあるはずだったのに」とショックを受けるメアリーマーガレットですが、「勇気と真実があって自己中心的ではない」行動を取ったオーガスト、今度はブルーフェアリーも人間の男の子にすることができます。


でもなぜか、小さいピノキオになっちゃうんだな~。なぜかしら??

「I'm a real boy! I'm a real boy!(ぼく、ほんとの男の子だ!)」とはしゃぐピノキオ、かわいいんですけどね〜(オーガストみたいなむさ苦しい大人の男になるのが信じられないほど)


ともかく人間として復活することができたわけですが、子どもに戻ったピノキオはタマラのことを覚えていませんでした。

あーあ、オーガストもなかなか好きなキャラだったんだけど、もう大人バージョンの出番はないのかな~。残念。…と、このときは思ったけど、シーズン4で復活!(*^○^*)





家に戻り「あなたのパパのこと、うそついててごめんね。もう二度と嘘つかないって約束する」と、エマはヘンリーを抱きしめます。

メアリーマーガレットも、レジーナの家に殺されに行ったとき「心臓が黒くなり始めていた(記事はこちら」ことをデイビッドに打ち明けます。オーガストが自分の罪をあがなうために多大な犠牲を払ったことで心配になっているメアリーマーガレットに「大丈夫だ、必ず方法がある。ぼくはきみの心をいちばんよく知ってるから」と励ますデイビッド。

それを聞いて、メアリーマーガレットにもようやく微笑みが戻ってきました。


タマラとグレッグ(゜o゜;)


一方、グレッグの部屋を訪ね、「今ニールがシャワーに入ってる間に抜けて来たの。ちょっとしか時間ない」と言うタマラに「じゃ、有効に使わねば」といきなりキスするグレッグ・・・


このふたり、タマラとニール以上にケミストリーなさすぎて気持ち悪い

このエピソードはこのキスで終わりです(´▽`;)

*おまけ*
以前も書きましたが(こちら)まさか恋人同士としてではないと思うけど、タマラとグレッグを演じる俳優さんたち、『ウォーキング・デッド』シーズン6で共演することになるわけですね〜。

それで言うならニール役の役者さんもずっと前、ちらっとだけ『ウォーキング・デッド』に出演してますけどね♪


シーズン2・第19話に続く。

Posted on Thursday, October 8, 2015

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。