2015年4月8日水曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2・第1話〜オーロラ&ムーラン登場

Once Upon a Time S2E1
「Broken(NHKの邦題:破れた呪い)

2012年9月30日放送(アメリカ)


シーズン1・第22話補足〜あらすじからの続きです。

オーロラ姫が初登場。オーロラを演じる女優さんについてアメブロのほうに書いています:
Once upon a time・S2E1 ☆ネタバレ感想☆オーロラ&ムーラン登場

また、このエピソードについてはアメブロの感想記事↑で省かれている部分を含め大幅に付け足し、編集してアップします。


***以下、ネタばれ全開***

※わかりやすくするためお話の順序を変えています



現代のニューヨーク


スーツ姿の男性が自分のアパートに戻り、窓を閉めようとすると一羽の鳥が入ってきて、一枚のハガキを落として行く、というシーンで始まります。

「Broken(やぶられた、こわされた)」のひとことが書かれたハガキを裏返すと…
 
ストーリーブルックの時計台の絵が!

最初にこの場面を見たときはこの男性がだれなのかわかりませんでしたが、今はこれが「ニール」だとわかっています。また、このハガキを出したのがだれなのか、その辺りの事情はシーズン2の第6話で明かされます。

それにしても、人間はストーリーブルックから出られないので郵便も外界との出入りができないはずだけど、鳥なら大丈夫なんですねぇ(^-^;


現在のおとぎの世界(眠りの森?)


フィリップ王子のキスでオーロラ姫が目を覚ますと、世界が荒廃してしまっていました。



「マレフィセントの心配をする必要はないが、今は別の危険が迫っている。安全な場所を見つけたから行こう」とフィリップ。

マレフィセントは悪い女王がストーリーブルックに連れて行ってしまったのでおとぎの世界にはいないからですね。

ど〜でもいいけど、フィリップはイギリスなまりで話してるのにオーロラ姫はアメリカ英語…。オーロラ役の女優さんはアイルランド人なのに(笑)。(フィリップ役のジュリアン・モリスはイギリス人)どっちでもいいから統一すればいいのに。


その「危険」というのがこの不気味な化け物↓「Wraith」(アメブロ投稿時にえるぷさんから日本語版では「クイ・シェン」と訳されていると聞いたのですが、今回見直してみたら英語版でもムーランが「クイ・シェン」って呼んでました。要するに中国語なんですね)

これが第1話のタイトル絵になってます↑

フィリップと行動をともにしていたムーランは、ここまで顔を隠していましたが、クイ・シェンの説明をするとき初めて顔出ししてオーロラに自己紹介↓


「クイ・シェンはねらった犠牲者にしるしをつけて魂を吸い取り、永遠の地獄へ落とすという伝説があります。しるしをつけられなくてよかった」とムーラン。

しかし、フィリップはすでにしるしをつけられていました…。

自分はクイ・シェンに魂を吸い取られてしまうと知ったフィリップは、森の中にオーロラとムーランを置いてその場を離れます。

フィリップの行動に気づいたふたりは夜の森を追いかけますが、ムーランがやけにオーロラに突っかかる。「あなた、彼を愛してるのね」とオーロラは気づいてしまいます。

「そんなことはない」と押し問答しながらもフィリップを見つけたふたりは、フィリップが魂を吸い取られてメダルに入っていく場面を目撃してしまうのでした…。


のろいの解けたストーリーブルック




紫のケムリがひいていき、記憶を取り戻したルビーや小人たちと再会を喜ぶスノウたち。

メアリーマーガレットはエマを抱きしめ「You found us.」と涙目(;_;)
ヘンリーもデイビッドに「おじいちゃん?」と言うのが笑える。

しかし、グランピーの投げかける「おれたちなんでまだここにいるの?」という疑問は確かに残ります。ほかの小人たちも「あの煙はなんだったんだ?」と口にしますが、それには「魔法よ、でも魔法のつえもフェアリーダストもないから私には使えないわ」とブルーフェアリー。


また、みんなの記憶が戻ったことで、レジーナの悪夢が現実に。Dr.ウェイルにあおられた民衆がレジーナを殺そうと押しかけるのを見て、ヘンリーは「彼女はまだぼくのママだ。殺さないで」と懇願します。

このときが初めてかなあ、ヘンリーがレジーナに対して愛情を示すのは。

魔法がストーリーブルックにやって来たはずなのに、なぜか魔法を使えないレジーナにDr.ウェイルが強気で迫りますが、そこにエマたちが駆けつけ「私たちは殺人者じゃないのよ」と止めます。

このときのDr.ウェイルとデイビッドのやり取りもおもしろい。Dr.ウェイルに「あんたは私の王子じゃない」と言われてデイビッドも「きみはだれなんだ?」と聞き返すんです。(Dr.ウェイルの正体については第5話で明かされます)

とにかく「レジーナを殺してもしょうがない、牢屋に閉じ込めておきましょう」ということになり、レジーナは保安官の留置場へ。

そのあとエマに「わたしたち、話をしなきゃ。もちろん今までも話してたけど、知らなかったわけだし、話すべきじゃないようなことを話してたもの、一夜限りの男の話とか」とスノウ。

やっぱシーズン2に入って急に丸くなり、髪型がかわいくなくなりますよね…

「一夜限りだって?!」とビックリするデイビッドに「ウェイルよ」とどうでもいいという感じに答えるスノウに、デイビッドがさらに驚くのがウケる(笑)。


ランプルの復讐


死んだと思い込んでいたベルが実は生きていて、レジーナに精神病棟に28年間も閉じ込められていたことを知ったランプルは怒りにふるえますが、ベルは「レジーナを殺さないって約束して」と懇願します。

ベルは化粧っけのないほうがかわいく見えるのは私だけ?

「約束してくれれば私たちいっしょにいられるわ」と言われてしぶしぶ約束するランプル。

せっかく魔法をストーリーブルックに呼び込んだことだし、さっそくレジーナに報復したいところでしょうけど、この約束のために自分では手を下せない状況になってしまいました。

そこでおとぎの世界でフィリップがひろっていたwraithのメダルを取り出し、牢屋のレジーナを訪れて手に押し付けます。「自分が直接」手を下すわけでなければ約束違反にならないだろうというわけです。

そのあとダークワンのダガーを使ってwraithを呼び出すんですが…あれ?てことは他の世界にいるモノも呼び出せるってことだよね?(^-^; ダークワンにはできても他の人間にはできないんだろうか?(→シーズン5の「ちらっと見せ」動画で「この世界にいないから呼び出せない」と言ってるんです)


とにかく、もうちょっとでwraithに魂を吸い取られちゃう~!!!というところで「ヘンリーと約束したからレジーナを助けないと」と駆けつけたエマ、スノウ、デイビッドに助けられます。


さて、すでに死んでいて殺すことができないwraith対策として、レジーナはマッドハッター(=ジェファーソン)の帽子を取り出し、おとぎの世界へ送ってしまおうと言います。

「私たちの世界はもう存在しないって言ってたじゃない」と反論すると、「そう、もう存在しない世界に送りこめば存在が消えるでしょう」と言って、レジーナは帽子を魔法で作動させようとしますが、「ここでは魔法がちがう」ため、なかなかうまくいきません。

ところが、エマがレジーナの腕をつかんだとたん、魔法が発動。帽子が動きだし、ポータルがひらいてwraith追い込み作戦は大成功しますが、レジーナをかばったエマも吸い込まれてしまい、別世界へ送られてしまいます。

「もうあの子を失いたくない!」と、スノウも後を追い、ふたりともおとぎの世界へ・・。デイビッドも続こうとしますが、ポータルが寸前に閉じてしまってデイビッドは床にバタリ(笑)。

ちょ、ちょっとマヌケ?!(゚ー゚;

取り残されたデイビッドはレジーナに魔法で殺されそうになりますが、そのときのデイビッドのうめき声があまりにおかしくて(´▽`;)思わず笑ってしまった(^-^; …笑ってる場合じゃないんだろうけど。

てか、自分を助けてくれた人に対する仕打ちじゃないよね(-_-;

そこにヘンリーが現れておじいちゃん命拾い。エマとメアリーマーガレットがポータルを通って消えてしまったことを伝えると、「やっぱりママは悪い女王なんだ。取り戻すまでぼくを放っておいて」と言い捨て、ヘンリーはデイビッドといっしょに去って行きます。


ランプルベル


ランプルの店で欠けたティーカップを見つけたベルは「まだ持ってたのね」とうれしそう。

「店にはたくさんの物があるが、本当に大切にしているのはこれだけだ」とランプル。「きみはもう行きなさい。わたしは今でもモンスターだ」

そう言ってベルを突き放そうとするランプルですが、ベルの答えは驚くべきものでした。

「だからこそ、わたしがここにいなきゃいけないのよ」

自分がモンスターであることを認め、ベルを愛するがゆえに自分から遠ざけようとする姿に「善」を見いだしているのではないかな〜という気がしました。


えっ…という表情のランプル、本気でベルと別れるつもりだったのかな。


現在のおとぎの世界(眠りの森?)


フィリップ王子の死を嘆くオーロラ姫に、ムーランは「女王レジーナののろいでみんなほかの世界に飛ばされ、私たちはこの土地で28年間凍っていた」ことを伝えます。

「安全な場所を見つけたから、そこに行かねばならない」と、フィリップも冒頭言ってたことを繰り返すムーラン。

次の瞬間、ふたりの前に出現したのは…


ポータルに吸い込まれたエマとスノウでした!

シーズン2・第2話に続く。

Posted on Tuesday, September 1, 2015

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ




2 件のコメント:

  1. >他の世界に居る者は呼び出せない
    あ、それは多分あの人はまだダークワンになって間もないから…『こっちはまだ修行中!ほっといて!』って事だと思っていました(笑)
    ランプルは数百年キャリア有るから、メダルも持ってた事だし、融通効くんでは?

    このシーズンで解らないのはヘンリーの態度。
    エマにもレジーナにも「ママ」って言うから、混乱します。「ボクのママをどうしたの?」(エマの事)とか、「ママ(レジーナ)は悪い女王だから」とか。本人もまだ混乱してるんでしょうか?だったらいいけど。

    ランプルは何回ベルを突き放すんだ…(涙)
    でもベルの方が凄く前向きで、何事にも挫けない態度だから、安心出来ますね!
    男前な彼女&へタレ鬼畜紳士は好感持てます。これって女性Fanの見方かな?男性のワンサーは煮え切らないゴールド嫌いかしら?(日本では、少なくとも「可愛い」扱いですが)

    返信削除
    返信
    1. ヘンリーのレジーナに対する態度がじょじょに変わっていくのはわかるんですが、やっぱりすごい嫌っていたよね…とシーズン1を見直してると思ってしまいます。ヘンリーの家族構成がめちゃくちゃ複雑なので、本人混乱しちゃうのは無理ないのかもしれないですね。

      男性「ワンサー」ってあまり見かけない気がしますが(´▽`;)少なくともうちの旦那は(ダークワンの)ランプルがいちばん好きですよ!あのキャラがとてつもなくおもしろいらしい(笑)。

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。