2015年4月10日金曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3第17話その2「フックの愛」

Once Upon a Time S3E17.2
「The Jolly Roger(NHKの邦題:キリアンの愛)

2014年4月13日放送(アメリカ)

シーズン3第17話その1〜黒ひげ登場からの続きです。

以下、2014年11月22日付のアメブロ記事を、ほぼ当時の文章のまま、少し修正・編集・追記のうえ、画像を差し替え/追加してまとめてます。



***以下、ネタばれ全開のあらすじと感想***

※わかりやすくするため話の順序を変えている部分もあります



現在のストーリーブルック


ベルはMr.ゴールドの店にやって来たアリエルとの再会に大喜び。

「心配してたのよ」

店で自分の望遠鏡(?)を見つけて嬉々としてのぞきこむフックは、見覚えのあるものを発見します。


アーシュラ(第6話で登場)のモチーフのついた留め金↑です。

エリックのマントについていました。やっぱりフック、なにか隠してる様子。

とにかく、見つかったエリックの服の上にベルはロケーター・スペルをふりかけます。



「このスペルをふりかけられた物は持ち主のところへ戻るのよ」とベルが言うそばから、エリックのコートは浮き上がって動き出します。



追いかけるアリエルとフックは、コートが海にもぐり込むのを目にします。

「エリックは…死んじゃったのね」と絶望し、フックの胸で泣くアリエル。フックは複雑な表情を見せます。てことは、「おれは死ぬまで海賊だ」とばかり、意地になって黒ひげの挑戦を断ったってことですね。

悲しみに暮れながらも、「少なくとも私たちのストーリーは終わったってことがわかったわ。どんなふうに終わったのかわかればいいのに。フック、あなたはただの海賊じゃないわ。思いやり(true heart)があるもの。あなたが助けようとしてくれたこと、一生恩に着るわ」とほほえむアリエルに、ますます複雑な表情のフック…。


9ヶ月前(?)のおとぎの世界


(あれ?今さらですが、なんでアメブロ投稿時「9ヶ月」前と書いてたんだろう?どうでもいいけど、このエピソード過去と現在の行ったり来たりが激しいうえ、フックがおとぎの世界でもストーリーブルックでも同じ服装なので混乱・・(^^;)

やめてくれと懇願するアリエルを尻目に、フックはとうとう黒ひげを船から突き落としてしまいます(やっぱりか!)

自己中心で思いやりのない(heartless)男ね。一生幸せにはなれないわ」と憤慨したアリエルは「必ずエリックを見つける」と海に飛び込び、人魚に戻ります。


現在のストーリーブルック


とうとういたたまれなくなったのか、フックはアリエルを追いかけ、真実を告白します。「きみの王子を救うことを犠牲にして船を取り戻したんだ、すまない」

「おくびょうもの!船のために人を死なせるなんて」と憤り、フックを引っぱたくアリエル。

ここのふたりの会話のあらましを箇条書きにします:

ドン・フライ「失恋で心にあいた穴を船が埋めてくれると信じてた、からっぽなヤツだ。どんなことをしてでもつぐないたい」
人魚「愛を信じてない人の言うことをどうやって信じろっていうの」
ドン・フライ「まだ信じてるよ」
人魚「失恋した彼女のこと、まだ愛してるの?」
ドン・フライ「ああ」
人魚「じゃあ彼女の名前で誓って」
ドン・フライ「エマ・スワンに誓う」

エマの名前を聞いた瞬間、アリエルの表情が一変。


ウフフ…。

「それが聞きたかったのよ」とニヤリとして手をふると、フックの口に緑の輪っかが。


ちょ、ちょっとおマヌケ?(´▽`;)

そう、アリエルではなく、悪い魔女ゼリーナの化けた姿だったんですね。

これ、一度観たはずなのにすっかり忘れてた!!!
二度もだまされるとは!Σ(゚∇゚*)!! (記憶力悪すぎ笑)

ゼリーナによれば、アリエルはあのあと結局エリックを見つけ出したんだそうな。のろいの適用範囲外のハングマン島で王子を見つけ、そのまま幸せに暮らしている2人。当然ながら、ストーリーブルックには来ていません。

フックがあの日以来ずっと自分のとった選択に苦しめられていたことを知っていたゼリーナは、彼の持つ罪悪感を利用してのろいをかけたのでした。

「罪のつぐないをしたいという自己中心的な願いで愛する人の名前を口にしたとき、あなたのキスにのろいをかけることができたの。次にエマのくちびるに触れたら、彼女の魔法はすべて失われるのよ」

ここでフックは、ゼリーナがどういうわけか、今のままのエマを殺すことができないことを悟ります。エマの持つ力を取り去らない限り殺すことができないからこそ、こんなややこしい、手の込んだことをして魔法を封じようとしているんですね。

そのことを指摘されたゼリーナ自身、「エマを傷つけることはできないかもしれないが、彼女の周りの人間は傷つけることはできる」と認め、「おまえがエマにキスしなければ、エマの愛する人みんなを殺すと脅して去ります。

~~~◇~~~

アパートにエマを訪ねたフックが「アリエルの王子を探す手助けをしていた」と言ったとき、その場に居合わせたレジーナが言う一言がウケる。


「Really? That fish is in Storybrooke?(あら、あのがストーリーブルックにいるの?)」

って…たしかに人ですけど…(笑)

「そう、いたんだよ。でもゴールドの店で王子がハングマン島にいるという手がかりを見つけたから、もういない」と答えるフック。

「じゃあ見てみましょう」ということになり、エマの魔法レッスンの一環として、エマに魔法の鏡のトリックを教えます。鏡に映ったアリエルとエリックの幸せそうな姿に、レジーナの顔がちょっと微妙にゆがんだのは気のせいかしら…。

アリエル薄着&はだし∑( ̄□ ̄;)

そこに戻ってきたチャーミング夫妻とヘンリー。ほんとうのことを覚えていないヘンリーに気を遣った会話がおもしろい。アリエルの「王子」ではなく「夫」と言い換えたり、「スカイプで確認した」なんて言ったりして(笑)。


ハッピーエンドね!と喜ぶスノウは「グラニーの店で夕食」を提案しますが、フックは口数も少なに辞退。家族水入らずで夕食を楽しむエマの姿を、通りの向かい側から例の望遠鏡で(笑)フックが切なそうにのぞくシーン(ちょっとストーカーっぽい?)で終わりです。


シーズン3第18話に続く。

Posted on Saturday, February 6, 2016

<以下、2016年2月に見直して思ったことをウダウダ書いてます>

このエピソードでは、フックが以前のように盗賊をしたり人を殺したりしていて「な〜んだ、やっぱ彼は悪党に戻っちゃったんだ」と最初ガッカリかつ少し驚きましたが、ジョリーロジャー号へのあの異様な執着も「エマとの恋がかなわなかったから」だったとは…何回も見てるはずなのに、なんだかピンと来てませんでした。反省もちゃんとしてたのね。

このエピソードだけ取り出してきて見ると、フックの切ない恋心が伝わってきます。特にラストシーンで望遠鏡でエマを見てるところとか。それで、今回はあえてNHKの邦題をタイトルにお借りしました。「キリアン」じゃなく「フック」にしましたけど。

とは言え、未だにどうしてそんなにもエマを好きになったのかはあまり理解できてません。「フックがエマに惹かれる」過程の描写が(口説き文句以外)いまいちなかったし、どうしても「長い間ミラのかたきとしてランプルを殺そうとしていたほどミラのことが好きだったんじゃなかったの?」という疑問は残るし。

てか、考えてみると、ミラってば最初の夫であるランプルも今はベルひとすじだし、ランプルを捨ててまで選んだフックもエマひとすじだし、なんだかかわいそうになってきたよ…。まあ、死んじゃったんだからしかたないのかな(^^;

あと、どうでもいいようなことだけど、ストーリーブルックでランプルにねずみにされ、のろいが解けておとぎの世界に戻ったとき人間に戻ったスミーが、またストーリーブルックに飛ばされてもちゃんと人間のままだったことがちょっとおもしろかった(笑)。

ワンスの小ネタや細かいジョークなど、今までほんの気持ち程度にしか書いてませんでしたが、これからは各エピソードの最後にちょろっとメモっていこうかなあなんてうっすら思ったりもしてます。






ワンス・アポン・ア・タイム シーズン3もくじ


ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン5もくじ

4 件のコメント:

  1. あ、Mr.スミーちゃんと人間に戻れたんですね!良かった
    別に彼自身はどうでもいいけど(酷い)、ネズミにされたままだと可哀想だな、と気になってたんで。

    キリアンの描写が、どうもイメージ先行で、余り詳しくないですよね?心情とかが理解出来なくて。fanの人は、本当に解ってるの?と疑問なんです。強いて言えば少女漫画のヤンキーキャラ(ひねくれてるけど、男前なのよ!的な)みたいで余り感情移入出来ないんですよ。もっと深く掘り下げて欲しい所がスルーされちゃって残念です。どうしても「エマじゃなきゃ駄目なんだ!」って決定的な理由が無いような気がするので。キライじゃないのになあ…惜しいなあ。(このモヤモヤが解決しない限り、手放しでカッコイイ!とか思えないです)

    …人気キャラだから、また炎上しそうな悪寒
    悪意じゃなく、本当に解らないんですよ。

    返信削除
    返信
    1. 正直言って、私が覚えてないだけなのか、それともホントにあまり描写がなかったのか、それさえアヤシいんですが(何度も見直してるのに^^;)印象としては「あまりなかった」んです。エデさんもそう感じられてるのですね。

      まあ、いつの日か、最初から滞りなく見直してみる日があったなら、また違う感想を抱くのかもしれません。

      削除
  2. エマ・ヘンリー・スノウ・チャーミング・レジーナが、グラニーの店で談笑しながら食事をしている図、レジーナがフツーに違和感なくそこにいる、というところに、つくづく、「始めの頃から、随分と物語が動いたなぁ」としみじみしてしまいました。

    エマが魔法で、鏡にアリエルとエリックを映させた時、私もレジーナの顔がちょっと不満げになったような気がしました。
    アリエルが幸せそうなのが気に食わない、というよりは、フックに対して不満げになったのかな、と感じました。
    フックが、「アリエルとエリック探しをしていた」と経緯を話している間も、なんだかレジーナが疑わしげな顔をしている気がして。
    で、フックが言ったことが本当か確かめるために、エマに鏡に映させたのではないかと。
    そしたら本当にラブラブのアリエルとエリックが映ったので、「フン、なんだ、本当なのね」みたいな。
    そんな感じに観えました(^^)/
    深読みかもしれませんけどねー(笑)

    返信削除
    返信
    1. maseruichaさん、コメントありがとうございます^^

      おお、レジーナはフックを疑っていた…なるほど、そのように取れましたか。そういう視点で観ていなかったせいか、気づきませんでした。その可能性もありますよね。エマがフックを信頼しているのも不満そうでしたし。確かにエマに魔法を教えるためばかりでなく、疑っていたからこそ鏡に映させたという解釈もできますね。

      今度見直すときは、その視点で観てみようと思います^^

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。