2015年4月5日日曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1・第7話〜グレアムのお話

Once Upon a Time S1E7
「The Heart Is a Lonely Hunter(NHKの邦題:孤独な狩人)

2011年12月11日放送(アメリカ)

↑わかりにくいけどオオカミっぽい

シーズン1・第6話その2からの続きです。

実は『ワンス・アポン・ア・タイム』の感想記事をアメブロに書き始めたのはこのエピソードで2つめ。記念(?)に、2013年9月18日付のアメブロ記事(こちら)に画像(スクリーンショット(笑))をいくつか追加し、ほぼそのまま転載します。

なお、今回つけ足した文章はピンク色にします(編集しただけのものはそのまま)。

※インポートしたのでアメブロ記事につけていただいたコメントも転載されています。


 ***以下、転載***


ワンスアポンアタイムは基本ネタバレ全開での感想になりますが、一応タイトルにネタバレと入れられるものは入れることにしました


今回は保安官グレアムが「おとぎの世界ではハンツマン(狩人)だった」という過去がわかるお話。

シーズン1では、ストーリーブルックの住人がおとぎの世界では何者だったのか、過去が続々と解かれていくのが醍醐味です。

グレアム役の俳優さんかっこいいし、キャラも好きだったのに・・・


あっさり第7話で死んじゃうなんて∑( ̄□ ̄;)
そんなに早く死んじゃってたっけ?!?!


自分の記憶力のなさにビックリですが、エマとキスして記憶がよみがえるくだりも完全に忘れてました(笑)。

てか、このハンツマン/グレアム役の俳優さん、かなりアクセントあるのに、イギリス人だということに気付いてませんでした・・(´▽`;)
正確には北アイルランド出身なのでアイリッシュと言った方がいいかな?

まさかこの俳優さん(ジェイミー・ドーナン)がその後『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』で一躍世界的に有名になるとは…。


それはともかく、以下あらすじです。


●ストーリーブルック側●

ワンマン町長レジーナと愛人関係にあることがエマにバレて困惑するグレアム、自分の行動を説明しようとして「なんであたしがどう思うかそんなに気にするわけ」と突っぱねられ、しどろもどろ。


     Sheriff Graham


説明の代わりに思わずエマにキス

するとその瞬間、おとぎの世界の出来事がフラッシュバック(☆○☆)

※グレアムの目です

徐々に過去の記憶を取り戻すグレアムの前に、ストーリーブルックにはいないはずのオオカミまで出現


      このオオカミがかわいい~

きゅぅ~ん、と、犬のようにグレアムになついてくるんです(*´▽`*)
(実際にオオカミを使ったのか、大きな犬を使ったのかは謎)


一方、第6話の最後(こちら)でいい雰囲気になっていたメアリーマーガレットとDr.ウェイルはやはり「一晩だけ」の関係を持っていました(´▽`;)。そのあとDr.ウェイルが送った花束を、エマはグレアムからだと思って捨ててしまいます。

「あなた、グレアムのこと好きなのね」と言われて「まさか!」と取り合わないエマに「あなたは壁を張りめぐらせてるけど、それじゃ愛も近寄らないかもよ」と忠告します。


森の中でMr.ゴールドにばったり出くわしたグレアムは、オオカミの夢を見た話をします。「夢っていうのは別の人生の記憶だと言いますよ」と意味深なMr.ゴールド。


エプロンつけて「ガーデニングしてた」と言うMr.ゴールド

その後、オオカミと再会してさらに記憶がよみがえり、フラッシュバックの中にメアリーマーガレットの顔を見たグレアムは学校へ彼女を訪ねます。

「だれかと『出会った』ことを思い出せないのはおかしくないか?」とすごくだいじな疑問を投げかけるグレアムですが、メアリーマーガレットは「それが人生なんじゃない?」とかわします。(のろいのせいで深く考えられないのだろうか…)

メアリーマーガレットからヘンリーの本の話を聞いたグレアムは、「ぼくもきみの本に登場するの?」とヘンリーに聞きに行きます。

ヘンリー、「いつからフラッシュバックを見はじめたの?」という質問の答えが「エマにキスした直後」と聞いて「ぼくのママにキスしたの?!」とムッとしているところがかわいい(笑)。


「メアリーマーガレットは白雪姫だから、グレアムはハンツマン(狩人)だね」


ヘンリーから「白雪姫を逃がしたあと、悪い女王に心臓をくり抜かれてしまった」ことを知り、そのために感情をもてないことにグレアムは気付きます。オオカミはグレアムが心臓を取り戻すのを助けるために現れていたのです。

そこにやってきたエマとともに、オオカミに導かれて心臓コレクションのある場所までたどり着きます。

自分の心臓を探し当てられずにいるところへレジーナ登場。

グレアムにその場でフられてしまったレジーナは「エマが私のだいじなものをすべて奪って行く」と逆うらみしますが、エマも負けてません。

「問題はあたしじゃなくてあなたにあるんじゃないの?どうしてみんな逃げ出して行くのか、鏡をよく見て自分に聞いてみたら?」
…ひぃ〜っ、強烈(@_@;;;) ここまでスゴいこと言ってたっけ(´▽`;)

しかしレジーナの反応もスゴくて、思いっきりエマをパンチ!ここで女同士の殴り合いが始まってしまいます(´▽`;)…グレアムに止められますが。


●おとぎの世界側●

ハンツマン(狩人)は両親に捨てられてオオカミに育てられたという設定。


  Huntsman 

鹿を殺しても涙を流す心の優しい人ですが、悪い女王に見込まれ、スノウ(白雪姫)を殺して心臓を持って帰る依頼を受けてしまいます。

父王の死に涙を流すスノウ。このあと運命が大きく変わることに。

しかし、殺そうとしたスノウが女王宛に書いた手紙を読んで心打たれて涙を流し、殺さずに逃がして女王には偽物の心臓を渡します。

しかしすぐに見破った女王に心臓をくり抜かれ、女王のペット=奴隷になるのでした。「これからは私の言うなりになるのよ。従わなかったり逃げようとしたりしたらこうしてやる」と思いっきり心臓を握りしめると、グレアムは苦しみ出します。

そんなわけで、彼の意思は関係なく、ストーリーブルックでもレジーナの愛人にされてたんですね。


●ストーリーブルック側●

怒り心頭のレジーナは父親の棺の下にあった隠し階段をおり、グレアムの心臓を握りつぶしてしまいます



同時に、エマとキスしてすべて思い出していたグレアムは、その場で倒れてしまいます

ここで第7話は終わり。


あ~あ、これでグレアムの登場は終わりですかね・・・(´-`;)


シーズン1・第8話に続く。

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ

posted on Wed. July 15, 2015
(便宜上4月の日時で投稿)



7 件のコメント:

  1. ワンスアポンアタイム最高!

    返信削除
  2. ワンスアポンアタイム最高!

    返信削除
  3. ともさん
    コメントありがとうございます^^
    ワンス・アポン・ア・タイムおもしろいですよね♪

    返信削除
  4. レジーナ vs エマ
    レジーナの心臓コレクションのある蔵(?)の前でのレジーナとエマのファイト。いきなりレジーナがエマに鉄拳パンチをくらわせてエマをすっ飛ばしますね。女性のファイトといえば、日本では平手打ちや髪の掴み合いですが、アメリカ女性は強い。男と同じ鉄拳ですね。やられたエマもそれ以上の鉄拳でレジーナを殴り倒します。日本のドラマの男のファイトよりも迫力があります。
    その後で、レジーナがグレアムの心臓を握りつぶすシーン。レジーナの狂気じみた表情(恍惚状態?)がすごい。思わず惹きつけられます。これって、悪女に惹かれているのでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. あれれ、こちらにインポートして気づきましたが、コメントいただいていたのにお返事していませんでした(´▽`;)
      鉄拳パンチの件、ぜんぜん覚えてなくて(笑)今回見直してビックリしました(笑)。
      レジーナが心臓をにぎりつぶすシーンは、どちらか言うと恍惚状態というより悲しみに満ちた表情と受け取りました。本当は殺したくはなかったのでしょうけど、自分を裏切った男をそのままにしておけなかったんでしょうね。

      削除
  5. あああ~、グレアム!
    スノウも可愛いし、ハンツマンいい人だった…ヘンリーもメアリーもこの頃が一番可愛いですね。
    ヘンリーはまだ小さいからレジーナとグレアムの事は余り解ってなかったのかしら?でもいい人だし、身近に感じてたのかな?(10歳の男の子に救いを求める大人って映像はかなり変ですけど)
    オオカミ可愛いですよね!きっと凄く良く訓練されたプロなんだろうな、って今は改めて想像できるけど、当初は凄く突然でビックリしました。

    いきなり森から現れるゴールドさんもビックリ。
    理由はS1後半で明かされたけど『エマが来てすぐ』では無い様な気もしますが(笑)少なくとも一ヶ月以上は過ぎてるような…


    返信削除
    返信
    1. レジーナもエマに嫉妬するくらいだから、グレアムのこと気に入ってたんでしょうね。何度も書いてますが、やっぱりグレアムとエマ、という組み合わせがいちばん好きでした。よく考えてみたらグレアムはエマにとって、母親を救ってくれた恩人ということですよね…ううむ複雑。

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。