2015年4月1日水曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1・第1話その2〜現代のボストン

Once Upon a Time S1E1-2

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1・第1話その1〜魔法の森からの続き。


現代(ボストン)


誕生日の夜、ボストンのアパートでエマがひとり、カップケーキにろうそくを灯し、誕生日のお願いごとをしていると、ドアベルが鳴ります。ドアを開けると、そこには小さな男の子が。

「あなた、エマ・スワン?ぼくはヘンリー。あなたの息子だよ

とニッコリするとスルッと部屋の中に入り込み、

「息子なんていないわよ」ととまどうエマに

「10年前、赤ちゃんを養子に出さなかった?それがぼく」

と、男の子はサラっと言います。

はっ∑( ̄□ ̄;)とするエマ。

「ぼくといっしょにうちに来て」と言うヘンリーに「警察呼ぶわよ」とエマは電話を取り上げます。あわてたヘンリーは「そしたらあなたに誘拐されたって言う」とワル知恵の回ること。

エマは「あたしにはスーパーパワーがあって、ウソをついてるかどうかわかるのよ。あんたウソついてるね」 と、911(日本の119番。ナインワンワンと読む)にかけようとしますが、「警察は呼ばないで。お願い。いっしょにうちに来て」と真剣な目で懇願するヘンリーに根負けし、ヘンリーの住む街「ストーリーブルック」まで、車で送って行くことに。




車の中で絵本をひらくヘンリーに「それなに?」とエマが聞くと「あなたはまだ心の準備ができてないと思う」という答えが返ってきます。

「おとぎ話のための心の準備?」とエマが笑うと、少しムキになるヘンリー。

これはおとぎ話じゃない。この本に書いてあるお話は、ぜんぶ実際に起こったことなんだ。スーパーパワーを使えばいい。ぼくがウソついてるかどうかわかるでしょ」


(次のセリフは日本語にしにくいので英語で書きます)

エマ「Just because you believe something doesn't make it true.」(なにかを本当のことだと信じることが、それを本当のことにするわけじゃないわよ)

ヘンリー「That's exactly what makes it true.」(ちがう、それがまさに本当のことにするんだよ)

しまいに「あなたはだれよりもわかってていいはずだよ。この本の登場人物なんだから」と、突拍子もないことを言い出すヘンリー。

「あんた、問題あるわね(You've got problems)(゜o゜;)」とエマが言うと、ヘンリーは「そうだよ」とあっさり認め、

「あなたがその問題をなおすんだ(You're going to fix them)」とニンマリ。

ちょっとふたりの言う「問題」の意味がちがいますね(笑)


シーズン1・第1話その3に続く。

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ



0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。