2015年4月5日日曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1・第10話〜恋のゆくえ

Once Upon a Time S1E10
「7:15 a.m.(NHKの邦題:午前7時15分)

2012年1月22日放送(アメリカ)




シーズン1・第9話からの続き。

デイビッド、メアリーマーガレット、キャスリンの三角関係の行方は・・・?

☆現在、手作業でアメブロからせっせと移しています☆

★アメブロの元記事:

Once upon a time・S1E10☆ネタバレ感想☆髪とひきかえに・・・

※以下、このエピソード以降のネタバレも少し含みますのでご注意!
※わかりやすくするためお話の順序を変えてます


魔法の森〜スノウの恋


スノウと王子の出会いの一ヶ月後(?)、レッドから「2日後にジェイムズ(=デイビッド)の結婚式がある」と聞いて胸が騒ぐスノウ。

チャーミングを忘れたい一心で「願いをかなえてくれる」というランプルに会いに行き、自分の髪ひとすじと引き換えに、チャーミングのことを顔まで忘れてしまうというポーションをもらいます。



この髪の使い道はその後、シーズン1の22話でわかります。

*****

一方、デイビッドも、ほかに意中の女性がいると見抜いたジョージ王から「その女を頭から追い出せ」と迫られていました。そこでデイビッドはスノウに「2日後の結婚式の前にぼくのもとに来てほしい」と手紙を書き、伝書鳩を飛ばします。

手紙を読んだスノウはお城にもぐりこみますが、すぐにジョージ王の兵につかまり牢に入れられてしまいます。

そこで隣の牢に入れられているひとりの小人と出会います。


愛する女性にプロポーズするためにダイヤを買ったら盗品だった、と言うグランピー。

*グランピーと恋人の話はシーズン1の14話(アメブロからの転載)、14話補足に出てきます

グランピーを助けに来た仲間ステルシーにスノウも助けられますが、結局ステルシーは殺され、グランピーも兵につかまり、あわやというところでスノウが助けます。

ジョージ王に「王子に『愛していない』と言え。さもなければ王子を殺す」と迫られ、不本意ながらもそのとおりにするスノウは涙目で別れを告げますが、チャーミングはもうボ~ロボロ男泣き・・・男でもフられて泣くのか~・・・。


愛を失ったスノウはランプルにもらったポーションを飲もうとしますが、グランピーに止められます。

七人の小人はこのときスノウの仲間になったもよう。

*****

王子は結局アビゲイルとの結婚を取りやめ、スノウを探しに来ますが、「ここにはいない」とレッドに聞きます。このとき言うセリフがいつものキーワード:

「じゃあ見つける。どこにいようと必ず。Then I'll find her. I will always find her.


一方、七人の小人たちの家でくつろぐスノウに、グランピーは「国は大騒ぎだ、チャーミング王子は結婚しないそうだ」と告げますが、スノウはほんわか幸せそうな顔をして「だれ?」

ぽわ〜ん(*´▽`*)

・・・横にはカラになったビンが。

ランプルのポーション、飲んじゃったんですね(´▽`;)
なんつぅタイミングの悪さ(--;)


ストーリーブルックにやって来た男


家の前でバイクを修理する「外から来た男」に「何しにストーリーブルックに来たの」と聞くヘンリー。寄っただけだよと答えますが、バイクにくくりつけられた箱はなんだと聞かれると「ここに来た目的を果たすために必要」と矛盾したことを言う男。

レジーナはヘンリーと話していた男を不審に思い、エマに「あの男はだれなのか探ってほしい」と依頼します。

「あの男、ヘンリーに興味があるみたいなのよ」と心配するレジーナ

その後、グラニーの店でエマは男を詰問しますが、のらりくらりとかわされてしまいます。例の箱の中身を知りたがるエマに「いつか一杯おごらせてくれるなら中身を見せるよ」と言う男。エマがOKし、男が箱を開けると、中身は古いタイプライターでした。

作家だと言う男。

ん?!おとぎ話の本を作ったのは彼?!(←私の勝手な推測)



メアリー・マーガレットの恋


毎朝7時15分にグラニーのお店でコーヒーを買うことを含め、デイビッドの行動をすべて把握している(´▽`;)メアリーマーガレット、7時15分にグラニーのお店に行くことがなかなかやめられずにいます。

お店に着くやいなやスプーンを鏡代わりに髪をととのえる姿がかわいい(*´▽`*)

もうやめなきゃ、と決心したある日、森でけがをした鳥を助け、デイビッドの働くペットシェルターに連れて行きます。


「けがは治るけど、群れに戻してやらないとここでは幸せになれない」と聞いて、群れを見つけに森に入っていくメアリーマーガレット。足を滑らせたところをデイビッドに助けられます。

大雨の中見つけた小屋の中で、やさしくしてくれるデイビッドにメアリーマーガレットは耐え切れずに自分の想いを話してしまいます。

「毎朝7時15分にグラニーの店に行くのはあなたに会いたいからよ」



するとデイビッドも同じ気持ちだったことを知ります。

思わずキスをしそうになるところで思いとどまるメアリーマーガレットは「キャスリン、赤ちゃんができたみたいよ」と爆弾発言。(お店でばったり会ったとき、彼女が妊娠検査薬を買うところを見てしまったのです)

何も知らなかったデイビッドは驚き、もっと話をしたがりますが、ちょうど雨がやんでメアリーマーガレットは小屋を出て行きます。

ぶじ鳩を群れに戻すことができたメアリーマーガレットの笑顔がかわいい(*´▽`*)



デイビッドはとうとうきみが好きだ(きゃー言っちゃった!)と告白。「キャスリンを選んだじゃない」と言われて「まるで人生がふたつあるみたいなんだ。キャスリンを好きだった記憶と、今きみを好きな気持ちと両方あるんだ」と言い訳をしますが、「お互い、忘れなきゃダメ」と振り切ってメアリーマーガレットは立ち去ります。

*****

翌朝、キャスリンとふたりでがんばろうと話し合うデイビッドと、朝のコーヒーを買いに行く時間をずらすメアリーマーガレット。お互い、あきらめたのかな?と思いきや、、、

デイビッドもメアリーマーガレットと同じ時間にずらしたため、店でハチ合わせてしまいます。

とうとう気持ちを抑えきれずにキスしてしまうふたり


えーー、さっき「ぼくらは愛し合うべきだ」とキャスリンに言った舌の根も乾かないうちに不倫?!


いやだーーー
のろいのせいとわかっていても、なんか不誠実でイヤですわ(>_<)


そしてそんなふたりの熱い抱擁を、レジーナが車の中から見ていたのでした・・・(^^;)こわっ

ここまでで10話は終わり。

シーズン1・第11話に続く。

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ

posted on Mon. July 20, 2015
(便宜上4月の日時で投稿)




0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。