2015年4月8日水曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2・第9話その2〜ストーリーブルックへ

Once Upon a Time S2E9.2
「Queen of Hearts(NHKの邦題:ハートの女王)


シーズン2・第9話その1〜過去のコーラとフックからの続きです。

以下、2013年10月23日にアップしたアメブロ記事(Once upon a time・S2E9 ☆ネタバレ感想☆ワンダーランド再び)に加筆・修正のうえ、画像を加えています。


***以下、ネタばれ全開のあらすじと感想***

※わかりやすくするため話の順序を変えています




現在の魔法の森


かつてランプルが閉じ込められていた牢屋でイカのインクを探すエマたち。

「ここでランプルから『エマが救い主になる』と聞いたのよ」とスノウは感慨深げですが(第1話ですね)、それを聞いた瞬間「あいつ、知ってたの?」とエマはびっくり。

牢屋の中にインクは見つかりませんが、代わりに見つかったのは「エマ、エマ、エマ…」とえんえんと書き付けられた巻物。独房に閉じ込められてランプルの頭はおかしくなってしまったのでしょうか。

すごくきれいな字ですけどね。

カラのインクびんを見つけてガッカリしたとたん、コーラにあやつられるオーロラ姫が牢屋に自分たちを閉じ込めてしまいます。そこへフックとともに現れたコーラはコンパスを奪い、オーロラを心臓であやつっていたことも明らかにします。

このときフックは豆の木から取って来た、もう使い物にならない魔法の豆を見せびらかすんですが(ムカつく(-_-#)これが後に大きな意味を持つことに。

エマは「あたしがのろいを解くのはあたしが生まれる前からゴールドの計画のうちだったのよ。それを成し遂げたんだから、もう救い主でもなんでもない」と牢屋で途方に暮れます。

希望を捨てないスノウがエマの名前がずらーーーっと書かれたインクが使える!と気付いて息を吹きかけると、インクが浮き出てきて牢屋の檻をこわすことに成功!

(あれ?じゃあなんでランプルはインクを使って出なかったの?)

「失われたものを復元させる力のある」ノストス湖で、枯れていた水を魔法で吹き出させたコーラがポータルをあけ、今まさに飛び込もうとしているところへ、エマたち登場。熾烈な戦いを繰り広げます。

てか、魔法を使えない人たちが魔法を使えるコーラと互角に戦えるのはなぜ?と思うけどね(´▽`;) 

バトってる間にポータルに落っこちそうになったオーロラ姫の心臓入りの袋をフックがすくい上げたのはちょっと謎でした。ヘンなところでジェントルマンなのね~。おかげでオーロラに心臓が戻りましたが、これでフックは完全に悪いヤツと言いきれなくなりました(そもそもこのドラマにおいて、「完全に悪い人」は存在しないと思いますが)。

そのあとフックはエマにパンチされてのびちゃうんですが(笑)、そのときエマはコンパス奪回に成功します。

しかしコーラに心臓をえぐり出されそうになるスノウをかばい、自分の心臓がえぐり出されそうになるエマ。


が、なぜか心臓を取り出すことを許さないばかりか、コーラをはじき飛ばしてしまいます。

「Love is weakness. 愛は弱さよ」と言うコーラに対し、「違う、愛は強さよ。Love is strength!」と言い返すエマがかっこよかった

つまり、あとでMr.ゴールドも言うように「真の愛の結晶」であるエマは、どんな魔法よりも強い、ということでしょうか。

「今のはなんだったの」と驚くエマとスノウは手を取り合って「家に着いたら話しましょう!」とポータルに飛び込みます。

***

ストーリーブルックに行けなくなって落胆するコーラに、フックが「この湖はなくなったものを生き返らせる力があるんだろう、この豆も使えるってことだ」と、豆の木から持ち出した死んだ豆を取り出します。

***

一方、心臓を戻してもらったオーロラは、フィリップの魂を体に戻して彼を取り戻す希望を胸に、ムーランと旅立ちます。


現在のストーリーブルック


ねむりののろいを受けたデイビッドが眠っている間に、Mr.ゴールドは「エマたちではなくコーラがポータルを通って来るかもしれない。今のうちにふさいでしまおう」とレジーナに持ちかけます。

「ポータルを通ってくるのはコーラを負かしたエマたちかもしれない。いい母親になるとヘンリーと約束したのに」とためらうレジーナですが、結局は誘惑に負け、Mr.ゴールドに協力することに。

Mr.ゴールドは坑道に見つかったフェアリーダストの素、ダイヤモンドを「死んだフェアリー」の魔法の杖を使ってすべて集め、ポータルの出口である井戸に魔法をかけてしまいます。



しかし、そこへヘンリー登場。「そんなことしたらエマたち死んじゃう!ぼくを信じて!コーラじゃなくて絶対エマたちが戻ってくるから!」と母親を説き伏せ、ギリギリのところでレジーナが魔法をとき、エマたちは無事に戻ってきます。

さっそくスノウはデイビッドに口づけをして、めでたしめでたし。のろいが解けてデイビッドは目を覚まし、ふたりは改めて熱い口づけを交わしますが、レジーナはなんだか切なそう。

その後、エマはMr.ゴールドに「イカのインクを使って出ようと思えば出られたじゃない」と(だれもが思ったことを)問いつめますが、やはり彼は牢屋から逃げるつもりがなかったらしい。


「あなたが闇ののろいを作り、あたしを救い主にしたんでしょう。だからあたしは全部あなたがあたしにやらせたかったことをしてただけなのね」とエマ。


「のろいは作ったけど、きみを作ったりはしていない。利用させてもらっただけさ、きみが真実の愛から生まれたということを。だからきみはパワフルなんだよ。きみがしたことはみんな、自分でやったことさ」


そう言うMr.ゴールドに、エマは「じゃああなたは知らないのね…?コーラがあたしの心臓をえぐり出そうとしたけど、できなかったの。それどころか、なにかが彼女を突き飛ばしたのよ」と話します。

「魔法が、だね。それはわたしではない、きみ自身の力だよ」とMr.ゴールドに言われて目を見張るエマ。まだ信じられないようすです。

***

一方、ヘンリーは「ほんとに変わったんだね、ありがとう」と、レジーナに自ら抱きつきます。

レジーナがおずおず抱きしめ返すのがちょっといじらしい。

***

ラストはフックの海賊船に乗ったふたりがとうとうストーリーブルックにやってきた場面で終わり。



シーズン2・第10話に続く。

Posted on Tuesday, September 15, 2015

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ




2 件のコメント:

  1. オーロラの心臓の件は、まあいいとして(怒ってます)エマにわざと豆を見せ付けたり『干からびて使い物にならない、今のお前と同じだ』とか言ったり、なによりベルを殴ったわね!!
    いくら紳士面しても、フック大嫌いだ!と根っこの方に植えつけられた回なので、それ以降余り良い印象が無いのですが…(汗)

    もっと女には優しいキャラと思ってたので、裏切られましたわ。

    返信削除
    返信
    1. そうそう、ベルを殴るシーン、実は私は覚えてなかったので、今回見直してビックリしました。かよわい囚われの女性を殴るなんて、ありえない!というか、そんなシーンを入れたクリエーター側の意図がわかりかねます。
      私もここらへんのフックのブレブレ具合のせいでどうしても好きになれないんですよね…いまだに…(俳優さんは好きだけど)

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。