2015年4月8日水曜日

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2・第9話その1〜過去のコーラとフック

Once Upon a Time S2E9
「Queen of Hearts(NHKの邦題:ハートの女王)

2012年12月2日放送(アメリカ)


シーズン2・第8話〜赤い部屋からの続きです。

以下、2013年10月23日にアップしたアメブロ記事(Once upon a time・S2E9 ☆ネタバレ感想☆ワンダーランド再び)に加筆・修正のうえ、画像を加えています。

タイトルからも想像できるとおり、今回のお話にはシーズン1・第17話で初登場したワンダーランドが再び出てきます。


***以下、ネタばれ全開のあらすじと感想***

※わかりやすくするため話の順序を変えています




シーズン2の第2話で魔法の鏡の中に押し込められたコーラ、どうなったのかと思ったら、なんとワンダーランドに飛ばされてちゃっかりハートの女王におさまってました

★余談★
『Once upon a time in Wonderland』に出てくるワンダーランドの「赤の女王」とどう違うのか不思議に思ったりする(´▽`;)



過去の魔法の森


シーズン1・12話で「ベルは父親に閉じ込められた塔から身を投げて死んだ」とランプルにレジーナが語っていましたが、実際は魔法の森でもレジーナが塔に閉じ込めていたのが第9話の冒頭でわかります。


フックは塔に閉じ込められたベルを訪れ、救い出すフリをしてランプルを殺す方法を聞き出そうとしますが、失敗に終わります。

そこに悪い女王レジーナが現れ、例ののろいの計画を打ち明け「そこは魔法がない世界だから、簡単にランプルを殺すことができるわよ」と嬉しそうに教えます。その代わりに「私の母親の心臓をえぐり出し、殺してワンダーランドから連れて来てほしい」とフックに依頼。

すごいこと言うな~、自分の母親を殺せだなんて・・と思いますが、理由は後になってわかります。「愛は弱さ」だと信じるあまり、愛する母親が自分の弱みにならないように、どうしても殺す必要があったらしいです(それにしたって怖い話だけど)。

このときにコーラの心臓をえぐってもらうため、レジーナがフックの「フック」に魔法をかけたんですね~!だから前話でオーロラ姫の心臓を取り出すことができたわけです。何度も観てるはずなのに、今回もすっかり忘れてました

過去のワンダーランド(不思議の国)


フックは死体をひとつ道連れにワンダーランドへ。マッドハッターの帽子で開けたポータルを出入りするには同じ数の人間が必要なためです。

しかし、結局、すでに心臓を自分で取り出して別の場所に保管しているコーラの心臓をえぐり出すことはできず、逆にコーラに「魔法がない世界に行っても自分がだれなのか覚えていられるようにしたげるから私を助けなさい」と丸め込まれてしまうフック。


フックって、あっちこっち行ったり来たり、いろんな人の側につくので、どうしても信用できません(´▽`;)

まぁ、彼にしてみれば、自分の目的(=ランプルを殺す)を果たすため、必要に応じて違う人に取り入ってるんでしょうけどね。

再び魔法の森


死んだフリをしたコーラを魔法の森に連れ帰るフック。レジーナはフックを去らせたあと、母のなきがら(とレジーナが思っているだけだが)に向かって語りかけます。


「ごめんなさいね、お母様が『Love is weakness(愛は弱さ)』だと教えてくれたでしょう。お母様が私の弱さなの。愛してるから。弱みであるお母様を今から行こうとしている場所に連れて行くわけにはいかないから、こうするしかなかった」

レジーナが「母は死んだ」と信じたまま去ると、コーラは起き上がりフックに「計画変更よ。娘ののろいから身を守らなきゃ」と言って地面を大きな杖で叩きます。

するとそこからピカーッと光が出て、上空に大きなおおいのようなものが。

アンダー・ザ・ドームだあ〜Σ(゚∇゚*)!! こんなのすっかり忘れてた!(笑)

魔法の森の一部がのろいに引き込まれずに残っていたのはコーラが魔法で守ったからだったんですね。2回は見たはずなのに完全に記憶から消えてました(笑)。

「自分は勝ったと思っている今の娘には私は必要ないけれど、28年後に救い主がのろいを解いたとき、娘はすべてを失って私を必要とするでしょう。そのときこそ、私たちもその新しい世界に行くのよ。あなたは復讐をとげ、私は娘を助けるわ」とフックに語るコーラ、なんだかそこまで邪悪には見えません…。


レジーナの告白を聞くまでは「娘の心臓をえぐり出してやる」とか言ってましたけど、レジーナが今も自分のことを愛していると知って心がやわらいだのかもしれませんね。

それにしても、なんでまたコーラはのろいが28年後にエマが解くことになることを知ってたのかな?そこは謎。

シーズン2・第9話その2に続く。

Posted on Tuesday, September 15, 2015

ワンス・アポン・ア・タイム シーズン2もくじ
ワンス・アポン・ア・タイム シーズン1もくじ




2 件のコメント:

  1. あれれ?フックやコーラは「呪いがかかってないから、記憶を失わない」んじゃなかったんですか?レジーナの呪いが来る前に、コーラがバリアー?張ってましたよね?(あ、だから協力しろって事ですね)

    私の思い違いでしょうけど、フックは元々呪いとか関係なくて(レジーナに協力したし、裏切ったのは知らない)コーラが記憶を留めたのはランプルかな?とか考えすぎですね。
    『憶えていない相手にどうやって仇を取るの』とか言ってたから、フックが仇が誰か解らない、じゃなくてランプルに「ミラの仇!」とか言っても憶えてなければ「誰だお前、ナンだそれ?」って事になりますよね?

    公式設定だと「エマの名前聞いて思い出した」らしいけど、28年間記憶有って、すっ呆けてる方がキャラに合ってるかな、と妄想したんですが。
    ワタクシ説が正しければ、コーラ様アリガトウ!違ってたら…どっちでもいいですが。

    返信削除
    返信
    1. 私もここ以降の設定を覚えてないんですが(おぃおぃ)フックがなんで記憶を失ってなかったのか、この回を見直してやっとわかりました(苦笑)。

      「魔法がない世界に行けば復讐できる」と約束したレジーナ、「記憶がなくなる」ということには言及しないので、レジーナがフックをだまして自分の用事をさせたかったのか、それともフックの記憶を守るつもりだったのかはわかりません。
      しかし、コーラはこの回でははっきりと「私があなた(=フック)が覚えていられるようにしてあげる」と言っているので、バリアでコーラ自身とフックの記憶を守ったのはコーラのはずです。
      ランプル自身の記憶についてはこの回では触れていなかったと思いますが、別の回で出てましたかね?コーラに私の記憶を守ってもらいたいところです(笑)。

      公式設定があるんですか。私もてっきり28年間覚えててすっとぼけてたんだと思いました。今後、見直して謎が解けるといいな(笑)

      削除

コメントありがとうございます。たびたびエラーが生じるようなので、お手数ですがコメント公開ボタンを押す前にご自身のコメント本文をいちどコピーされることをお勧めします。